三井不動産、台湾に2つ目の「三井アウトレットパーク」 18年に開業予定

三井不動産、台湾に2つ目の「三井アウトレットパーク」 18年に開業予定

三井不動産が、台中市に開発する予定のアウトレットモール「(仮称)三井アウトレットパーク 台湾台中港」の完成予想俯瞰パース(三井不動産の発表資料より)

 三井不動産は21日、台湾の商業施設入札案件で事業者として正式に決定し、アウトレットモール「(仮称)三井アウトレットパーク 台湾台中港」を開発を進めると発表した。着工は2017年、オープンは2018年の予定。台湾では2つ目の「三井アウトレットパーク」となる。

 同社によると、計画地は台湾第3の都市、台中市の中心部から北西へ約22kmに位置する。台中空港から約9km、台中港フェリーターミナルと隣接し、高速道路のインターチェンジや幹線道路からのアクセスも良いという。

 テナントには、約150店舗のラグジュアリー、インターナショナル、スポーツ、カジュアル、日系ブランドなど幅広いファッションブランドを誘致する予定。港の借景を生かした飲食ゾーンや、シネコンなどのエンターテイメント施設の導入も検討しており、台中都市圏居住者から国内外の観光客まで幅広い客層・ニーズに応える、家族で一日中楽しめる商業施設を目指しているという。

 台湾での「三井アウトレットパーク」第1号となる「三井アウトレットパーク 台湾林口」は2016年1月にオープンし、当初の想定を上回る集客で順調に売り上げを伸ばしているという。今後は、9月13日に台北支店を昇格して設立した現地法人(台湾三井不動産)を投資拠点として、台湾各地でアウトレットモールのほか、リージョナル型ショッピングセンターや住宅分譲、ホテル、ロジスティクス、複合開発事業などを積極的に展開していくという。

関連記事(外部サイト)