BMW、電気自動車向け公共充電サービス 10月から

BMW、電気自動車向け公共充電サービス 10月から

ビー・エム・ダブリューは、同社の電気自動車(EV)、プラグイン・ハイブリッド自動車(PHV)専用の公共充電サービス「ChargeNow」を10月1日から提供開始する。(写真提供:BMW)

 ビー・エム・ダブリューは27日、同社の電気自動車(EV)、プラグイン・ハイブリッド自動車(PHV)専用の公共充電サービス「ChargeNow(チャージナウ)」を10月1日から日本市場で提供開始すると発表した。

 同サービスでは、日本充電サービスが提供する国内最大の充電器ネットワーク「NCSネットワーク」の充電器が利用可能。2016年8月末時点の設置数は、普通充電器が約8,500基、急速充電器が約5,500基、合計で約14,000基。

 プランは2種類あり、普通充電器向けサービスはNCSネットワークの普通充電器のみが利用可能で月額料金が2,500円。対象モデルは、i8、X5 xDrive40e、330e、225xe アクティブ ツアラー。

 急速・普通充電器向けサービスはNCSネットワークの急速・普通充電器が利用可能で月額5,000円、急速充電は1分あたり15円の利用料金も必要(いずれも税別)。対象モデルはi3。

 10月1日以降の新車購入時は、初年度の月会費、充電器利用料が無料となる。

 無料の専用スマートフォンアプリ「ChargeNow App」を使用すれば、車内ナビゲーションシステム上やアプリ内で、全国の提携充電ステーションをマップ上に表示したり、充電ステーションの詳細(急速充電器と普通充電器の設置数など)や、充電器ごとのリアルタイム満空情報が確認できる。

関連記事(外部サイト)