三菱自、Android Auto対応の充電スポット検索アプリを公開

三菱自、Android Auto対応の充電スポット検索アプリを公開

Andriod Auto対応「電動車両サポート」アプリ(デモ版)のイメージ画像(三菱自動車の発表資料より)

 三菱自動車は29日、充電スポットを探せるスマートフォンアプリ「電動車両サポート」のAndroid Auto対応デモ版を開発し、29日から10月16日までフランスのパリで開催される2016年パリモーターショーの三菱自動車ブースで披露すると発表した。

 Android Autoは、Android端末を自動車の車載機器と連動させるシステム。カーナビの画面上でAndroidスマホの機能を操作できるようになる。

 今回のアプリは、Android Auto対応ディスプレイオーディオを搭載した「アウトランダーPHEV」などで利用できるように開発を進めているという。自車位置付近の充電スポットを検索し、ワンタッチでナビゲーションできる。従来の車載ナビゲーションと異なり、データ更新の手間が要らず、常に最新の情報を検索することができるという。

 欧州のほか複数地域のパートナーと充電スポット情報に関する協議を進めており、今後Google Playを通じてリリースする予定。

関連記事(外部サイト)