ホンダ、ベトナムで二輪車の生産が累計2,000万台を達成

 本田技研工業(ホンダ)のベトナム現地法人であるホンダベトナムカンパニー・リミテッドは30日、二輪車の生産が累計2,000万台に達したと発表した。同日、これを記念した式典を開催した。

 式典では、2,000万台目のモデルとして「Air Blade」のラインオフが行われた。2,000万台の達成は、ベトナムでのホンダの二輪事業の重要なマイルストーンであると同時に、同国での長年にわたる事業活動の成果を表すものでもあるとしている。

 ホンダベトナムは1996年にベトナムの二輪車製造・販売会社として設立され、1997年12月に二輪車の生産を開始した。二輪事業の拡大に伴って生産設備を拡充させ、これまでに3つの二輪車工場のほか、パーツセンターなどのさまざまな関連設備を稼働させているという。

関連記事(外部サイト)