日立マクセル、72年発売のカセットテープ「UD」を復刻

カセットテープ「UD」を復刻

日立マクセル、72年発売のカセットテープ「UD」を復刻

日立マクセル、72年発売のカセットテープ「UD」を復刻

日立マクセルは、1970年代の人気カセットテープ「UD」の復刻版を数量限定で販売する。写真は、録音時間が60分の「UD C60」(写真:同社発表資料より)

 日立マクセルは6日、1970年代の人気カセットテープ「UD」のデザインを復刻した製品を11月25日から数量限定で販売すると発表した。

 今回の復刻版は、同社のカセットテープ発売50周年を記念したもの。当時の製品の再現性を高めるためにブラックハーフ採用や日本製にこだわったという。録音時間は10分、46分、60分、90分の4種類で価格はオープン。

 同社によると、近年はLPレコードとともにアナログ音源のよさが見直されており、カセットテープで新曲をリリースするアーティストの増加や、車載用などカセットデッキの発売といった動きがみられるという。

関連記事(外部サイト)