資生堂、オンライン会議時の自動メークアプリを開発

 資生堂は7日、オンライン会議での画面に表示される女性の顔に自動でメークや顔色補正を行うアプリ「TeleBeauty(テレビューティー)」を開発、賛同法人での試験運用を始めると発表した。

 在宅勤務時のオンライン会議のためにメークすることを負担とする女性の声に応えたという。また、パソコンのカメラ性能によっては肌がきれいに見えないなどの不満も寄せられた。同社は日本マイクロソフトの技術支援を受け、「Skype for Business」に対応する試用モデルを開発した。

 アプリには、4種類のメークパターンを画面の顔に反映させる「自動メーク」機能、撮影環境により顔色が悪く見えることを避ける「顔の明るさと色の補正」機能、毛穴やしわなどを自然にぼかす「肌のテクスチャの補正」機能、そして目元・口元のメークの濃淡を調整する「オプションモード」機能がある。

(阪木朱玲)

関連記事(外部サイト)