NEC、VR技術を活用する「法人VRソリューション」を発売

 NECは7日、バーチャルリアリティ(VR)技術を活用した「法人VRソリューション」を発売し、VRの導入を検討する法人向けに「VRお試しパック」を提供すると発表した。

 ニーズに合わせてVR空間を個別に構築し、ヘッドマウントディスプレイなどと組み合わせて提供する。トレーニング用途やシミュレーション用途などを想定している。「VRお試しパック」は、VR機器一式を有料で貸し出すサービス。

 同ソリューションは、企業のVR体験・評価が容易かつ迅速にできるように支援する。600万円(税別)程度から提供され、4つのカテゴリーでの活用を想定している。1つ目はVR空間で直感的に作業フローの訓練・習得を可能にする「トレーニング用途」、2つ目はVR空間で作業・操作時の負荷状況を確認と評価を可能にする「シミュレーション用途」、3つ目が複数拠点からVR空間にログインし、遠隔地同士での「経験」の共有を可能にする「コミュニケーション用途」。4つ目が店舗などの場所では実物を見せることが困難な大型施設や製品などを分かりやすく訴求する「セールスプロモーション用途」。

 「VRお試しパック」は2週間で5万円(税別)〜。3DCADデータインポートは10万円(税別)〜から提供される。また、工場ラインにおける梱包作業(トレーニング用途)などの4つのサンプルコンテンツが無償で貸し出される。

(阪木朱玲)

関連記事(外部サイト)