ソフトバンク、中国で「YunOS」搭載の独自ペッパーを展開

ソフトバンク、中国で「YunOS」搭載の独自ペッパーを展開

ソフトバンクロボティクスホールディングスは、人型ロボット「ペッパー(Pepper)」を中国で展開すると発表した。

 ソフトバンクロボティクスホールディングスは13日、人型ロボット「ペッパー(Pepper)」を中国で展開すると発表した。アリババグループが開発するOS「YunOS」を搭載した中国独自のペッパーを販売するという。

 販売はソフトバンクグループとアリババグループの合弁会社Alibaba Robot Corporationが担当する。13日から開催している「Alibaba Cloud 2016 Computing Conference」でYunOSを搭載したペッパーのプロトタイプ(開発モデル)を展示するという。

関連記事(外部サイト)