ヤマハ発、ロードスポーツバイク「XSR900」に新色を追加

ヤマハ発、ロードスポーツバイク「XSR900」に新色を追加

ヤマハ発動機が12月15日に発売する、ロードスポーツバイク「XSR900」の新色「ブラックメタリックX」 (ヤマハ発動機の発表資料より)

 ヤマハ発動機は13日、ロードスポーツバイク「XSR900」に新色「ブラックメタリックX」を追加し、12月15日より発売すると発表した。

 新色は、手作業によるバフ掛け処理を施したアルミ製タンクカバーをブラックで塗装し、マスキングで残ったヘアライン部をグラフィックのように見せるカラーリングとしている。また、フロントフェンダーステー、ラジエターサイドカバー、リアフェンダーなどには専用ブラックパーツを採用した。

 XSR900は、845cm3の水冷・直列3気筒エンジンを搭載し、レトロな外観とパフォーマンスを調和させたバイク。同社ではそのコンセプトを“ネオ・レトロ”と名付けて特徴としている。

 参考小売価格104万2,200円(税込)。

関連記事(外部サイト)