FCAジャパン、アルファ ロメオ・ブランドの販売ネットを全国に拡大

 FCAジャパンは14日、同社が展開するアルファ ロメオ・ブランドの正規販売ネットワークを再構築すると発表した。2017年から専売店舗の展開を開始し、既存の正規ディーラーに加えて新規ディーラーとの契約を締結することで、2018年中に全国60店舗の規模に整備する予定。なお、すべてのディーラー店舗名は「アルファ ロメオ(+地名)」となるという。

 アルファ ロメオ・ブランドはこれまで、「アルファ ロメオ(+地名)/フィアット(+地名)」として、フィアット・ブランドと同一店舗内にて展開していたが、7月にフィアットとアバルト・ブランドの併売を開始し、店舗名を「フィアット/アバルト(+地名)」に変更した。今回のアルファ ロメオ専売ネットワークの展開は、FCAジャパンとしての「正規販売ネットワーク充実化プロジェクト」の第三弾であり集大成となるという。

 新たなアルファ ロメオ店舗は、プレミアム感とハイセンス感を演出した空間となっている。外観はブランドのテーマカラーであるアルファレッドとブラック色を配したアルミパネルとシルバーライン、そして筆記体のブランドサインとロゴマークがポイントとなっている。内装は、グレーとブラックのタイルを施した車両展示エリアおよびシルバーとブラックを基調としたラウンジエリアとなっている。

関連記事(外部サイト)