ホンダ、新型ミニバン「フリード」が受注好調―月販計画の4倍超

ホンダ、新型ミニバン「フリード」が受注好調―月販計画の4倍超

ホンダの新型コンパクトミニバン「FREED(フリード)/FREED+(フリードプラス)」の受注台数が月間販売計画の約4倍以上となる2万7,000台を超えた。写真は、フリード+。(写真提供:ホンダ)

 本田技研工業(ホンダ)は17日、9月16日に発売した新型コンパクトミニバン「FREED(フリード)/FREED+(フリードプラス)」の1カ月での累計受注台数が、10月16日時点で月間販売計画の約4倍以上となる2万7,000台を超えたと発表した。

 購入層は、ファミリー層を中心とした幅広い層で、特にフリードは子育て層、フリード+は独身、子離れ層が多く占める傾向にあるという。

 購入比率は、フリードのハイブリッド車が38%、フリードのガソリン車が36%、フリード+のハイブリッド車が15%、フリード+のガソリン車が11%。

 同社は購入ポイントを、「先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」(タイプ別設定)」、「エクステリアデザイン」、「多彩なシートアレンジと広い室内空間」、「フリード+の車中泊も可能なフラット空間と床下収納を同時に実現した超低床荷室」、「力強い走りと低燃費を両立したパワートレイン」にあるとしている。

関連記事(外部サイト)