フィアット、小型SUV「500X」初の限定車2モデルを発売

フィアット、小型SUV「500X」初の限定車2モデルを発売

「Fiat 500X Black Tie」と「Fiat 500X Yellow Cross」(FCAジャパンの発表資料より)

 FCAジャパンは19日、フィアット・ブランドのスモールSUV「フィアット 500X」で初の限定車となる「Fiat 500X Black Tie(フィアット500X ブラックタイ)」と「Fiat 500X Yellow Cross(フィアット500X イエロークロス)」を計240台、29日から全国のフィアット正規ディーラーで販売開始すると発表した。

 500X Black Tieは、500Xで最も人気のある2WDグレード「ポップスタープラス」をベースに、ボディに限定のブラックカラー、インテリアには500Xで初めてレザーを採用。また特別装備として、フィアット・ブランドで初めてアダプティブクルーズコントロールを設定し、17インチのブラックホイールと「BeatsAudio プレミアムサウンドシステムスピーカー」を装備している。

 500X Yellow Crossは、4WDグレードの「クロスプラス」をベースに、ボディに限定のイエローカラー、インテリアにはレザーを採用。また、特別装備としてアダプティブクルーズコントロール、専用デザインの18インチのホイールを設定している。

 価格は500X Black Tieが315万3,600(税込)、500X Yellow Crossが349万9,200円(税込)。

関連記事(外部サイト)