ヤマハ発、欧州向けに新エンジン採用の軽量スクーター「XMAX 300」

ヤマハ発、欧州向けに新エンジン採用の軽量スクーター「XMAX 300」

「XMAX 300」(2017年欧州仕様)(ヤマハ発動機の発表資料より)

 ヤマハ発動機は19日、スクーターの新製品「XMAX 300」を2017年3月から欧州で発売すると発表した。欧州では現行「XMAX 250」のモデルチェンジとなる。

 同社によると、「XMAX 300」は、グローバル展開を担える製品として設計した。主な特徴は、1) クラス最高レベルの加速性能、優れた環境性能を狙い開発した新設計水冷・BLUE COREエンジン、2)179kg軽量ボディとモーターサイクル型フロントフォーク、3)快適な運転を支援するABS、TCS(トラクションコントロールシステム)、4)ヘルメット2個収納できるシート下トランク、5) キーを取り出すことなく、メインスイッチ操作が行えるスマートキー、6) MAXシリーズのDNAを継承しつつXMAXとしての進化を加えた新デザイン――など。

 デザインは、MAXシリーズの特徴である“ブーメラン”モチーフや2眼ヘッドライトを進化させつつ、“X”をモチーフにしたフェイス&テールを採用、細部の仕上げや質感にこだわったという。

 参考小売価格は5,499ユーロ(約62万円)。

関連記事(外部サイト)