八景島シーパラダイス、大人の本気の水遊び開催 10万個の水風船飛び交う

八景島シーパラダイス、大人の本気の水遊び開催 10万個の水風船飛び交う

(写真:横浜八景島の発表資料より)

「海」「島」「生きもの」の魅力を楽しめる日本最大級の水族館「横浜・八景島シーパラダイス」を舞台に、日本最大級の水かけ祭り「ウォーターランフェスティバル2017」が8月5日(土)に開催される。

【こちらも】横浜・八景島シーパラダイスの新企画「irodori」

 このフェスティバルは、タイの水掛け祭り「ソンクラーンフェスティバル」をテーマにしたファンランイベント(楽しむRUN)。つまり、ランニングと水遊びを組み合わせた体験型イベントだ。昨年はウォーターランフェスティバル実行委員会主催にて全国各地で約2万人を動員している。今、夏の風物詩として注目されている水かけ祭りだ。

 今年はエンターテイメント性がより一層パワーアップ!10万個の水風船が飛び交う水船バトル「バンチ オ バルーンバトルフィールド」をはじめ、参加者同士が水鉄砲で自由に水をかけあう「水鉄砲バトルゾーン」など、水とランニングを掛け合わせたコンテンツを展開。注目の新コンテンツとしては、真夏のシーパラに雪が舞い降りる「スノーマジカルファンタジー」だ。暑い真夏に雪という意外性にきっと誰もが大興奮することだろう。公式アンバサダーには、顔面偏差値75・イケメン界の東大生というキャッチフレーズでおなじみの5人組のダンス&ボーカルユニットの「Da-ice」が就任。女性たちも大いにこのイベントを楽しめるだろう。

 一言でまとめると、灼熱の横浜シーパラダイスで、思いっきり水遊びをしたい方にぴったりのイベント。大人になって水をかけあうなんて普段なかなかできない。たまには童心に返って大はしゃぎしてみてはいかがだろうか。

(久保圭大郎)

関連記事(外部サイト)