SUBARU、「WRX STI」大幅改良モデルを6月20日発売

SUBARU、「WRX STI」大幅改良モデルを6月20日発売

WRX STI (画像:SUBARU発表資料より)

 SUBARUは、同社のAWD(常時全輪駆動)スポーツパフォーマンスを象徴する4ドアスポーツセダン、「WRX STI」の大幅改良モデルを6月20日に発売すると発表した。

【こちらも】スバル、「衝突安全性能評価大賞」受賞のSUV「SUBARU XV」を発表

 グレードはWRX STI(税込386万6,400円)とWRX STI Type S(税込406万800円)の2グレードとなる。

 新電子制御マルチモードDCCD(ハンドリング制御性能を向上)、新開発のbrembo製18インチアルミホイールとタイヤを採用、スポーツパフォーマンスに一層の向上が図られているとともに、サスペンション設定を最適化、選れた操縦安定性とフラットな乗り心地の両立を目指したという。

 ルーフキャリアブラケットの採用により、アウトドアライフの実用性も強化。走行性、安全性、実用性が高次元で融合を図られている。

 主な改良点と性能諸元は以下の通り。

【エクステリア】

 フロントバンパーのデザインを変更、19インチアルミホイール(ダークガンメタリック塗装)と245/35R19タイヤを採用。

【インテリア】

 運転席と助手席に8ウェイパワーシート付RECAROフロントシート採用、マルチファンクションディスプレイに高彩度5.9インチ大型カラー液晶を採用。

【カラー】

 アイスシルバー・メタリック、クリスタルホワイト・パール(税込3万2,400円高)、ダークグレー・メタリック、クリスタルブラック・シリカ、ピュアレッド、WRブルー・パール。

【安全性】

 LED2 灯ハイ&ロービームランプ+ステアリング連動ヘッドランプ、フロントビューモニター。

【トランスミッション】

 6MT。

【燃費】

 9.4km/l(JC08モード)。

(藤沢文太)

関連記事(外部サイト)