光岡自動車「ビュート」に回転式シートを設定、特別仕様車も発売

光岡自動車「ビュート」に回転式シートを設定、特別仕様車も発売

コンパクトセダン「Viewt」(ビュート)。(画像:光岡自動車発表資料より)

 光岡自動車は、同社の主力車であるコンパクトセダン「Viewt」(ビュート)の全グレードに、乗降をサポートする回転式シートを導入し、22日から発売する。また、特別仕様車『Viewt MODAN』(ビュート モダン)・『Ryugi MODAN』(リューギ モダン)の2車種も同21日に期間限定で発売開始となる。

【こちらも】光岡自動車、海外輸出向けサイトをリニューアル、拡販目指す

 ビュートに採用されたシートは、スウェーデンに本社を持つオートアダプト社の製品。日本の輸入元であるオフィス清水と業務提携契約を締結した上で導入された。

 光岡車のユーザーは、比較的、年齢の高い世代が多いという。そうしたユーザーに、自由なクルマ選びを可能にするために、今回のシート変更がなされたとのことである。

 さて次に、同じく「Viewt」(ビュート)と、ミツオカ初のハイブリッドモデルである「Ryugi」(リューギ)の特別仕様車『MODAN』(モダン)について説明しよう。

 MODANは、それぞれに3色のシックな専用ボディーカラー(ダンディーな男性をイメージしたモダングレー、極上ワインの芳醇な深みを表現するモダンレッド、硬質で知的なシャープさを備えたモダンホワイトの3色)を設定し、クラシカルな外観デザインを与え、またモダンなインテリア空間に仕上げた特別仕様車だ。

 インテリアは、ダークレッド&ブラックをテーマに、高級感とハードなタッチの雰囲気に仕立てられている。

 発売期間は、2017年6月22日から12月25日まで。車両本体価格は、ビュートモダンが287万2,800円〜360万1,800円(6グレード)。リューギモダンが296万4,600円〜360万1,800円(7グレード)。

 その他特別装備品は以下の通り。

■専用刺繍入りレザーシート

■専用エンブレム

■専用グリルバッヂ/リアエンブレム

■専用インテリア加飾パネル(レッド)

■専用レザーアームレスト

■専用16インチアルミホイール+タイヤ

■専用サイドメッキモール

(藤沢文太)

関連記事(外部サイト)