回転寿司スシロー、「楽びん!」での出前も開始 世田谷区で

回転寿司スシロー、「楽びん!」での出前も開始 世田谷区で

「楽びん!」アプリの画面イメージ(写真: あきんどスシローの発表資料より)

 回転寿司チェーンを展開するあきんどスシローは、7月10日から楽天が展開するフードデリバリーサービス「楽びん!」にて、出前のサービスを開始する。対象店舗は東京都世田谷区のスシロー鳥山店。

【こちらも】回転寿司「スシロー」出前に参入 ウーバーと提携で

 スシローはこれまで、店舗への来店客にのみ商品を提供していたが、6月5日に「スシローデリバリー」として、UberEATSを利用し、SUSHIRO南池袋店、SUSHIRO五反田店の2店舗で出前サービスを開始。今回、スシロー烏山店のみではあるが「楽びん!」での出前注文にも対応する形となった。

 商品の注文は、ウェブサイト「楽天デリバリー」、もしくは「楽びん!」アプリから行うことができ、当日注文・事前予約が可能。当日注文は税込1,500円以上、事前予約は税込4,000円以上から注文することができ、クレジットカード、現金、楽天スーパーポイントのいずれかで支払うことができる。現在、通常は注文金額の1%が付与される楽天スーパーポイントが、当日注文には10倍、事前予約には20倍つくネット特典も用意されている。

 提供されるの「お持ち帰りセットメニュー」と「お持ち帰り揚げ物メニュー」。セットメニューは、1人前から5人前まで用意されており、揚げ物メニューなども含めて、現在のところ全46種類の商品から選択できる。

 外食業界の回転寿司は出店競争が過熱しており、スシロー、はま寿司、くら寿司、かっぱ寿司が4強を構成して群雄割拠の状態だ。売上高だけみるとあきんどスシローが約1,460億円(16年9月期)と一歩リードしているが、はま寿司の出店攻勢が続き、急成長している。この業界での店舗数、売上高は、目まぐるしく変遷している。スシローは宅配への需要が高まる中、地域は限定的とはいえ、デリバリーサービスの拡充にも力をいれ、売上拡大を目指していくようだ。

(久保圭大郎)

関連記事(外部サイト)