バングラデシュ初の都市高速鉄道案件、川崎重工業と三菱商事が受注

バングラデシュ初の都市高速鉄道案件、川崎重工業と三菱商事が受注

ダッカMRT6号線車両のイメージ(写真: 川崎重工業の発表資料より)

 川崎重工業と三菱商事は7日、バングラデシュのダッカ都市交通会社より同国初の都市高速鉄道案件を受注したと発表。6号線向け車両144両と車両基地設備の設計から納入、保守業務支援などを行う。契約総額は約400億円。

【こちらも】川崎重工業と三菱商事、バングラデシュの鉄道整備事業を受注

 供給されるのは軽量かつ耐久性の高いステンレス製車両で、客室内の乗客や乗降客、プラットフォーム上の安全に配慮した設計を採用。室内用CCTVカメラおよび乗降客やプラットフォームを確認できる車外CCTVカメラを装備している。大容量の空調装置を1両につき2台搭載しているので、高温多湿な現地環境下においても車内では快適に過ごせる。

 車両などが納入される6号線は初めてバングラデシュで建設される都市高速鉄道となり、全長は約20km、16駅構成の全線高架路線。首都ダッカの中心地にて、その南北を結ぶ。ダッカ周辺地域は1,500万超の人口を抱える世界でも有数の巨大都市圏内にあり、道路交通は非常に混雑している。慢性的な交通渋滞は社会問題とまでなっているほどだ。

 都市高速鉄道は、自動車などによる輸送では都市部での移動需要を満たせなくなった際に誕生し、東京やニューヨークといった大都市圏でその大動脈として機能してきた。ダッカは6号線の建設で交通手段を転換し、現状からの脱却を図る。渋滞緩和に伴う利便性の向上、経済損失解消、温室効果ガスの削減といった効果も期待されている。

 なお、ダッカの都市高速鉄道開発にあたっては、日本政府によるインフラ輸出戦略等のもと、国際協力機構(JICA)が計画策定段階から支援しており、バングラデシュ政府との間には円借款契約を結んでいる。ダッカでは今後も、新たな都市高速鉄道が建設される予定。

(小椋恒示)

関連記事(外部サイト)