メルセデス・ベンツ日本、初のタワー型展示場併設カーセンターをオープン

メルセデス・ベンツ日本、初のタワー型展示場併設カーセンターをオープン

新築オープンする「メルセデス・ベンツ豊橋 サーティファイドカーセンター」イメージパース。(画像:メルセデス・ベンツ日本発表資料より)

 メルセデス・ベンツの認定中古車拠点「メルセデス・ベンツ豊橋 サーティファイドカーセンター」が、サーティファイドネットワーク初のタワー型展示場併設スタイルで、10月7日に新装オープンする。

【こちらも】メルセデス・ベンツ日本、ヒルトン東京とブライダルコラボ

 タワー型展示場は、高さが18メートルに及び、隣接する県道400号線からの視認性が高いのはもちろんのこと、多様なラインナップから「ベンツを選ぶ」というプロセスを、華やかに演出してくれるものとなる。

 新装オープンに伴って敷地面積は1.5倍に拡張され、展示台数は従来の40台から70台に大幅拡大。新車ショールームも含めた店舗全体の隣接道路間口は国内最長の120メートルとなり、豊橋市のディーラー街に位置する大型店舗として、多くの来客を見込む。

 開店日の7日から15日にかけての8日間は、オープニングフェアを開催する予定となっている。

 メルセデス・ベンツ日本は、現在全国217の正規販売店、そして144のサーティファイドカー拠点を持つが、さらに拠点の大型化と新コンセプトの都市型拠点の展開に注力し、販売ネットワークの強化を図っている。

 メルセデス・ベンツ豊橋 サーティファイドカーセンターについてのその他概要は以下の通り。

【所在地】

〒440-0081 愛知県豊橋市大村町字大賀里88番地

【定休日】

月曜日・年末年始

【営業時間】

火〜土:9:30〜18:30(18:00サービス終了)

日・祝:9:30〜18:00

【中古車展示台数】

70台(うち屋内が12台)

(藤沢文太)

関連記事(外部サイト)