小田急、外国人旅行者向けの地域密着ツアー発売 下北沢めぐる着地型

 小田急電鉄と小田急グループのUDSは、インバウンドベンチャー企業であるエリスタと協同して、沿線の新たな魅力を発掘するべく、下北沢をめぐる着地型ツアーを企画・発売する。

【こちらも】1月の全国百貨店売上、訪日外国人向けが過去最高に

 発売する商品は、訪日外国人旅行者向けの着地型旅行商品「SHIMOKITAZAWA Local Walking Tour」で、3月26日から予約を開始し、4月2日から実施する。

 この企画は、2017年10月に新宿に開業し、UDSが運営するインバウンド関連事業者向けコワーキングスペース「INBOUND LEAGUE」(インバウンドリーグ)に入居するベンチャー企業などと小田急グループが連携した初めての施策だ。

 近年の訪日外国人旅行者数の増加や、旅行に対するニーズの多様化を受け、箱根や湘南、大山に次ぐ新たな沿線観光地を発掘するため、インバウンド事業ベンチャー企業が有する専門知識やノウハウを活かしながら造成していた。

 「SHIMOKITAZAWA Local Walking Tour」はガイド付きの日帰りツアー。事前予約制で、下北沢駅周辺のローカルの魅力を詳しく案内するというもの。訪日外国人向けに小田急沿線の隠れた魅力を発掘し、その魅力をツアーとして商品化し販売するのも初めての取り組みだ。これを商品化するにあたり、在日外国人によるモニタリングツアーを実施。参加者の意見をツアー行程に反映するなどして、外国人目線を活かした商品内容となった。

 ローカルの魅力・体験を求める訪日外国人に向け、下北沢に暮らす人の目線で、観光化されていない日本の日常の暮らしを肌で感じられるこのツアー、最低催行人数は2名で、催行日は4月2日から平日2日程度を予定している。

 訪日外国人旅行者を対象とした着地型旅行商品の企画・販売を中心に旅行関連事業を手がけるエリスタが企画し、INBOUND LEAGUE内ツアーデスクのほか、3月29日にリニューアルオープンを予定している訪日外国人旅行者向け案内所の小田急旅行センター 新宿西口内はこね旅市場でも販売する。

 価格は1人当たり税込みで5,800円から。ツアーコースは1例として、下北沢駅南西口集合後、Tollywood(下北沢で唯一の映画館)をめぐり、Flash Disc Ranch(5万枚のレコードが揃う老舗店)、東洋百貨店(ガレージを改装して作られた複合ショップ)などをめぐるというもの。全行程を3時間程度かけて歩いてめぐるツアーとなっている。

 申し込みはエリスタが受け付けており、参加には催行日前日17時までの申し込みが必要だ。

(M_imai)

関連記事(外部サイト)