ハーゲンダッツが移動型店舗、期間限定で全国7カ所に「トラベリングショップ」

ハーゲンダッツが移動型店舗、期間限定で全国7カ所に「トラベリングショップ」

ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)

 ハーゲンダッツの店が、あなたの街にもやってくるかもしれない。ハーゲンダッツジャパンは、8月1日から16日にかけ、移動型店舗「ハーゲンダッツ トラベリングショップ」を全国7カ所で順次展開していくと発表した。

【こちらも】ハーゲンダッツ、日本進出35周年記念商品「翠〜濃茶〜」を期間限定発売

 令和の今日では「コンビニなどで売っている高級アイス」と言うイメージが強くなっているハーゲンダッツだが、かつては店舗展開を行っていたことはご存知だろうか。第1号店は、ハーゲンダッツ日本法人が設立された1984年、東京の青山にオープンしている。当時は長蛇の行列ができたという。

 その後最盛期には95店舗を数えたのだが、20世紀の終わり頃から縮小傾向となり、2013年、千葉県浦安にあった最後の店舗が閉店して、日本からはハーゲンダッツの店舗は姿を消している。

 そういった事情で久しく「店で買うハーゲンダッツのアイスクリーム」とは無縁になっていたわけだが、今回、ハーゲンダッツの日本上陸35周年と、また6月に行われたパッケージデザインの刷新を記念して、トラベリングショップをオープンすることになったというわけだ。

 全国7カ所というのは、東京、札幌、名古屋、福岡、大阪、仙台そして広島である。販売されるのは「バニラ」「ストロベリー」「グリーンティー」の3フレーバーで、その場でスクープし、ワッフルコーンまたはカップで提供される。

 バニラはハーゲンダッツの誕生以来存在するロングセラーのフレーバーで、独自技術によってリッチでクリーミーな味わいを実現している。ストロベリーは、最善の時期を待って収穫されたいちごのみずみずしい果肉と果汁を使用している。グリーンティーは1996年、日本市場向けに独自開発されたもので、石臼で丁寧に挽いたかおり高い抹茶を使用している。

 開催地と日付は以下の通り。

東京:8月1〜4日 東京ミッドタウン

札幌:8月5日 アカプラ

名古屋:8月7日 サンシャインサカエ

福岡:8月9日 大丸福岡天神店

大阪:8月10日 OS広場イベントスペース

仙台:8月14日 AER(アエル)

広島:8月16日 LECT(レクト)

(藤沢文太)

関連記事(外部サイト)