12月は交通事故件数が急増! 冬場を安全に走行するドライブテクニック

12月は交通事故件数が急増! 冬場を安全に走行するドライブテクニック

12月は交通事故件数が急増! 冬場を安全に走行するドライブテクニックの画像

 12月になると交通事故件数が他の月より増える傾向にある。これは、年末の慌ただしさと天候の急変により、久しぶりの凍結路や雪道に慣れないドライバーの運転ミスが原因の一つといわれている。冬の時期に安全に走行するためには、スピードを抑えて慎重な運転が求められる。

【こちらも】雪の季節突入、タイヤチェーンを賢く選ぶ4つのポイント

 12月になれば、積雪の多い日本海側では雪の便りが聞かれ、内陸部の標高の高い太平洋側では冷え込みが厳しく、道路が濡れていると凍結することが多々起きる。特に危険なのは、乾いた路面でも日陰が凍結している場合だ。

 こういった凍結路面は、内陸の標高の高い長野県などで多く見られ、前の晩に冷え込み霜が路面に付着して凍結している場合や、うっすらと積もった雪が日中も気温が上がらずに日陰で凍っている場合などである。

 昨今、道路には塩化カルシウムと呼ばれる融雪剤を撒くことが多くなったが、融雪剤が撒かれなかった道路では、日陰は要注意だ。

 そして標高の高い太平洋側の地域では、薄っすら積もった道路の雪が寒さで溶けることがなく、特にちょっとした登り坂で車が立ち往生する場面をよく見かける。これは、勾配が緩い道路でも、登り坂の先に信号機があり赤信号で止まってしまうと、FR車やFF車では、止まってから動き出すことが困難となるためだ。

 当然、スタッドレスタイヤを履いていることが条件だが、凍結路や少しの積雪により、登り坂の途中で止まる可能性がありそうな場合は、できるだけそれを避けることが重要となる。できれば登り坂にさしかかる前に車を停車させて、信号が変わるか、前の車が動き出すまで待つ勇気が必要だ。

 このほか、日陰の凍った路面のカーブは非常に危険で、乾いた路面から凍った路面に切り替わった瞬間に、クルマはコントロールを失ってしまう。そこで冬場の寒い地域の道路を走行する場合は、日陰部分にさしかかる前に十分減速して、凍結路面に足をすくわれないよう走行することが重要だ。

 この走行中の凍結路面の切り替わりは、駆動方式が4WDであっても、タイヤが滑ることに関しては2WDのクルマと何ら変わらないため、4WDだからと過信は禁物となる。

 そして夜間の走行では、路面が濡れているのか凍っているのか区別が付きにくい。路面が濡れていると黒くなっているが、凍っていても路面が黒く見えるためである。このような路面を走行する時には、窓を開けてタイヤが路面を蹴る音を聞いてみるとよい。濡れていれば水を撒き上げる音がするが、凍結していればそのような音は聞こえない。

 冬場の雪道は、クルマをスリップさせない運転が重要であり、急の付く運転は避け、静かに運転することを心がけるようにしなければならない。間違ってもスリップした後のことを考えながら運転しないよう、安全運転を心がけることが重要だ。

(小泉嘉史)

関連記事(外部サイト)