営業職の社員にオススメの副業「営業代行」

営業職の社員にオススメの副業「営業代行」

営業職の社員にオススメの副業「営業代行」の画像

 多くの企業で副業が解禁されており、様々な形で副業に関わる会社員が増えてきている。「まだ副業をしたことがない」という人も、まだまだ遅くはない。自分のスキルや経験を活かしてさらなる収入を得るチャンスが、色々なところに転がっている。

【こちらも】営業スキルを活かした副業の可能性

 そして何より、本業にも活かせるような経験、人脈が得られるのも副業の楽しさといえるだろう。今回はそんな副業をぜひとも営業職の人にオススメしていきたい。

■営業職の人にオススメできる「営業代行」のお仕事

 営業職の人にぜひ1度は検討してもらいたい副業が、「営業代行」の仕事だ。営業代行とは、新たな営業先・契約先を求めている企業の代わりに営業を行い、アポや契約を取ってくる仕事だ。豊富な人脈や営業スキルを活用して行えるため、営業社員にぴったりの副業だろう。

 スキルアップをするためという目線でも、営業代行はオススメできる。本業で取り扱っている商材とは全く別のものに携わることで、日頃行う営業とは少し違う戦略を打つ必要があるだろう。今勤めている企業だけで役立つスキルではなく、営業の汎用的なスキルを身につけたり、再確認することができるだろう。

■営業代行のお仕事を得るためのプラットフォームもある

 営業代行の仕事を自分で探してくるのは、なかなか難しいと思う人も多いだろう。そんな人にオススメなのが、営業代行の仕事を探すためのプラットフォームだ。

 例えば業界でも随一の件数を誇るSaleshubでは、掲載している企業に見込み客を紹介し、商談につながるアポイントを取ることで報酬が得られる。案件により報酬の額は異なるが、最低でも1件1万円を貰えるようだ。

 他にもkakutokuやsidebizzなど、様々な営業代行の仕事を獲得できるサービスがあるので、まずは登録をしてみるといいだろう。

 営業職のビジネスパーソンであれば、自分の能力を高めるのにこれほどぴったりの副業はない。また、成果報酬型のものがほとんどのため、実力が報酬に直結する。やりがいをもって挑戦できる副業として、ぜひチャレンジしていただきたい。

(後藤遼太)

関連記事(外部サイト)