トヨタ、34年の時をこえてよみがえった“BLACK LIMITED”を冠す86を発売

トヨタがハチロク最後の特別仕様車『BLACK LIMITED』を『86』の特別仕様車として復活

記事まとめ

  • トヨタがスバルと共同開発をした『86』の特別仕様車『BLACK LIMITED』を販売する
  • これはハチロク最後の特別仕様車を34年の時をこえ86でよみがえらせたものだという
  • 申込期間は3月12日から4月16日までの約1カ月間で、86台限定販売で抽選制となっている

トヨタ、34年の時をこえてよみがえった“BLACK LIMITED”を冠す86を発売

トヨタ、34年の時をこえてよみがえった“BLACK LIMITED”を冠す86を発売

特別仕様車 GT“BLACK LIMITED”(画像: トヨタ自動車発表資料より)

 トヨタは12日、スバルと共同開発をしたスポーツカー「86」の特別仕様車GT“BLACK LIMITED”を設定し販売すると発表した。販売台数は86台となっており、内訳はマニュアル車、オートマチック車がそれぞれ43台。

【こちらも】トヨタとスバルがCASE時代に向けて提携 86とBRZの新型登場へ

■商談方法はウェブのみ

 申込期間は3月12日から4月16日までの約1カ月間。発売は5月21日で、抽選制となっているため、当選者のみ購入が可能だ。商談方法はウェブ申し込みのみ。

 申し込み後、4月24日に当選者は001番から086番までの番号、キャンセル待ちの人は087番から250番までが付与されメールが送られる。なお、落選した場合にもメールがくる。

 当選者はメール受信から1週間以内に店舗を選択し、返信。2週間以内に商談開始、3週間以内に成約、その後納車となる。各期限内に手順を踏めなかった場合は、キャンセル待ちに商談権は移ってしまうため注意が必要だ。

■34年の時をこえよみがえった“BLACK LIMITED”

 トヨタの中でも名車中の名車がある。それがAE86スプリンタートレノ(愛称はハチロク)だ。80年代に絶大な人気を誇り、マンガ「頭文字D」で主人公藤原拓海の愛車としても有名である。そのハチロクの最後の特別仕様車が、1986年に販売された“BLACK LIMITED”で、34年の時をこえて86の特別仕様車としてよみがえった。

■AE86スプリンタートレノ“BLACK LIMITED”を思わせるカラーリング

 今回はGTをベース車両とし、ボディカラーはクリスタルブラックシリカを設定した。フロント、リヤブレーキともに brembo製17インチベンチレーテッドディスクブレーキとし、 bremboブレーキ専用につくられたブロンズ塗装の17インチ専用アルミホイールを採用している。

 ほかにも SACHSアブソーバーやリヤスポイラー、フロアアンダーカバー(フロア下・タンク下)を採用することで、AE86スプリンタートレノ“BLACK LIMITED”を想起させるデザインとなった。

 インテリアは、ブラックに統一され、助手席前には“BLACK LIMITED”のブロンズカラーの刺?をあしらった。シート表皮は本革×アルカンターラ。インストルメントパネルオーナメントやメーターバイザーなどに、スエード調のグランリュクスを採用した。

 販売店装着オプションで、ブロンズカラーのストライプテープを設定することもできる。

 価格は6速マニュアルが351万8,600円、オートマチック車の6-Speed SPDSが358万6,000円。なお、沖縄のみ料金が異なる。

(キーパー)

関連記事(外部サイト)