コカ・コーラが新ジャンルのフリーズドライ飲料発売 キューブを水やお湯に溶かすだけの「1,2,CUBE」

コカ・コーラが新ジャンルのフリーズドライ飲料発売 キューブを水やお湯に溶かすだけの「1,2,CUBE」

濃縮フリーズ製法により作られたキューブ

 濃縮フリーズ製法により作られたキューブ1粒を水やお湯に溶かすだけで淹れたてのおいしさが楽しめるという、新ジャンルのフリーズドライ飲料「1,2,CUBE(ワン・ツー・キューブ)」が日本コカ・コーラ株式会社より登場します。

 種類は「1,2,CUBE 緑茶」「1,2,CUBE 麦茶」「1,2,CUBE 珈琲」の計3種でAmazon.co.jpにて数量限定で販売。各15粒入りで価格は税別600円。緑茶と麦茶は5月19日より、珈琲は6月28日より販売開始となります。

 作り方はキューブ1粒に対して緑茶・麦茶は200ml〜400ml、珈琲は130mlの水またはお湯を入れて軽く混ぜるだけ。キューブを溶かすだけでおいしいドリンクが完成するという手軽さが特徴です。

 この手軽さとおいしさの両立を可能にしたのが特許出願中の「濃縮フリーズ製法」。茶葉や珈琲豆から抽出したエキスを濃縮・凍結させ、真空状態で氷となった水分を取り除く製法です。

 茶葉の風味を損ねてしまう強い加熱処理に対し、素材本来の香りや味がキューブに残るのが特徴。さらに完成したキューブはミクロの穴が無数に存在する構造になっているため、水にも簡単に溶かすことができます。

 また飲料・濃縮飲料の中で「1,2,CUBE」が革新的と言われるのは個包装がないことも理由のひとつ。環境に配慮した紙素材を使用したパウチ容器に15粒のキューブが入っているため、家庭ごみ削減にもつながります。

情報提供:日本コカ・コーラ株式会社

関連記事(外部サイト)