蔵王温泉スキー場が「煙のないマウンテンリゾート」に一新 発表会に上村愛子と伊東秀人が出席

蔵王温泉スキー場が「煙のないマウンテンリゾート」に一新 発表会に上村愛子と伊東秀人が出席

蔵王温泉スキー場が「煙のないマウンテンリゾート」に一新 発表会に上村愛子と伊東秀人が出席

 煙のない世界の実現に向けて活動を行っているフィリップ モリス ジャパン(PMJ)。先日は富士スピードウェイとの活動が発表されましたが、今回は蔵王索道協会と協力して、12月16日から日本最大級のスケールを誇る山形蔵王温泉スキー場を「煙のないマウンテンリゾート」に一新。

 同日、フリースタイルスキー・モーグル元日本代表の上村愛子さんと、アルペンスキー元日本代表の伊東秀人さんが登場するプロジェクト発表会が開催されました。

 今回の活動では山形蔵王温泉スキー場の施設内に8か所、さらに蔵王温泉タウンエリアに2か所の加熱式たばこ専用室を12月16日から順次新設。ゲレンデ内では燃焼をともなう紙巻たばこが禁止になりました。

 記者発表会では最初に、蔵王索道協会会長で蔵王観光開発株式会社社長の宮林伸一さん、蔵王ロープウエイ株式会社社長の大木剛裕さん、蔵王温泉観光株式会社副社長の齋藤正文さん、株式会社蔵王サンライズ観光取締役の岡崎博門さんが登壇。

 宮林さんはスキー場を訪れるスキーヤーやスノーボーダーを始め、温泉などを観光する多くの人たちに、「より気持ち良く、豊かな自然を味わっていただきたいという思いで、喫煙環境の改善を行った」と、今回の活動に至った理由を説明。紙巻たばこのポイ捨てや紙巻たばこの煙による望まない受動喫煙などで不快な思いをする人が少しでも減ることを願っていると話しました。

 続いてフィリップ モリス ジャパン合同会社副社長でエクスターナルアフェアーズ ディレクターの小林献一さんが登壇。今回のプロジェクトを通じて多くの利用者に、よりクリーンで快適な環境を体験してもらい、「この取り組みが全国のゲレンデへ、そしてレジャー施設や観光施設へと広がっていくことを、心より期待しています」と語っています。

■ 上村愛子が特別アンバサダーに就任!

 そして、今回のゲストであるフリースタイルスキー・モーグル元日本代表の上村愛子さんと、アルペンスキー元日本代表の伊東秀人さんがゲレンドを滑って登場。愛子スマイルは今も健在で、可愛らしい笑顔を見せてくれました。

 上村さんはソチ五輪を最後に競技を引退した後、次世代選手の育成と共に環境問題の改善への社会活動にも力を注いでいるとのこと。そこで今回のプロジェクトにも賛同、特別アンバサダーとして参加しています。

 ちなみに高校生の頃から趣味で始めた写真は、その域を超えて作品として注目され、過去には写真展も開催。蔵王温泉で撮った写真は、蔵王ベースセンター「ジュピア」「蔵王山麓駅」「鳥兜駅」の3か所に合計8点、展示されているとのことです。

 一方の伊東さんは蔵王温泉出身。蔵王温泉スポーツ大使や蔵王温泉観光協会委員なども務め、蔵王温泉スキー場を盛り上げようと活動しているそうです。地元への熱い思いは今回のプロジェクトにも多大な影響をあたえており、「まさに発起人ともいえる存在」と紹介されました。

 会場に到着した2人は息が上がっていましたが、「緊張して心拍数も上がったのでは?」と上村さん。普段は厳冬期に来ることが多かったそう。しかし、今回の企画で秋の蔵王に訪れてみたところ、紅葉が綺麗で素敵だったと感激した様子。さらに「蔵王は温泉がいい」と愛子スマイル。毎回、蔵王に来るたびに一晩で「2〜3セット」温泉を楽しんでいるそうです。

■ 伊東秀人「これは絶対に必要だ!」

 トークセッションでは、2人と共に先ほど登壇した小林さんと、フィリップ モリス ジャパン合同会社チャネルアクティベーションマネジャーの鶴岡斉さんが登壇。

 3歳の頃から蔵王で滑っているという伊東さんは今回の「煙のないマウンテンリゾート」プロジェクトについて、最初はなかなかイメージができなかったそう。しかし、いろいろな人と話し合っていくうちに「これは絶対に必要だ!」と確信したとのこと。

 上村さんは昔のイメージではあるものの、美味しい空気の中でスキーをしていても、紙巻たばこの香りが飛んできたりした記憶があり、「(以前より)綺麗な山の空気を楽しめる状態になることはすごく素敵なこと」と話していました。

 そしてPMJ鶴岡さんによると蔵王温泉スキー場の施設内に20か所あった紙巻きたばこの喫煙所を大幅に整備。山形蔵王温泉スキー場の施設内に8か所、さらに蔵王温泉タウンエリアに2か所の加熱式たばこ専用室が設けられ、先述の通りゲレンデ内では燃焼をともなう紙巻たばこが禁止になっています。

 「これによって蔵王温泉スキー場は煙のないマウンテンリゾートに生まれ変わったということになります」と鶴岡さん。マップを見てみると、かなり広大なエリアに、随所に加熱式たばこ専用エリアが設置されているのが分かります。


 また、鶴岡さんの説明では加熱式たばこ専用室のデザインは景観に配慮して木目調に、鳥兜駅の専用室はガラス窓から壮大な景色を楽しめるようにしているとのことです。

 トークセッションが終わると、スモークフリー・アンバサダーの任命式が行われました。これは地元の人はもちろん、スキー場へ遊びに来る人たちに今回のプロジェクトを周知させるために活動する人たちで、伊東さんの呼びかけに賛同した仲間のスキーやスノーボードのインストラクターたちなのだとか。

 この日に登壇した3名のスモークフリー・アンバサダーには、上村さんから「がんばってください!」と激励を受け、任命書が渡されていきました。

 そのうちの1人、工藤さんは「すごく熱い思いが入った任命書を受け取りました。今回のプロジェクトをいろんな人に広めていきたい!」と力強く意気込みを語っていました。

取材協力:フィリップ モリス ジャパン合同会社/蔵王索道協会

(取材・撮影:佐藤圭亮)

関連記事(外部サイト)