パイナップル初の「機能性表示食品」 ドールから2種発売

パイナップル初の「機能性表示食品」 ドールから2種発売

ドールがパイナップルを初めて機能性表示食品として発売

 株式会社ドールは自社で生産している「スウィーティオパイナップル」と「スウィーティオパイナップルゴールド」を、パイナップルとしては初の「機能性表示食品」として発売開始。これを記念して1月21日の12時から2月3日までInstagram上でキャンペーンを開催します。

 株式会社ドールによると、8月25日に上記の2商品について、肌の保湿力(バリア機能)を高めると言われている「パイナップル由来グルコシルセラミド」を、機能性関与成分とする機能性表示食品として届出を完了。1月から「肌の乾燥が気になる方に」と表示して販売が開始されます。

 これはパイナップルとしては初。さらに果実の分野でも肌の機能性に関する「機能性表示食品」の届出を完了した初の商品とのことです。

 元々、人間の肌には健康な状態を維持するため外部の刺激から肌を守ったり、水分が必要以上に蒸散するのを防いだりするバリア機能があります。しかし、加齢や紫外線、疲労やストレス、栄養バランスの乱れなど、いろいろな影響を受けて肌のセラミドが減少してしまうと、バリア機能は低下して刺激を受けやすくなります。

 細胞同士の隙間を埋めて、外部からの刺激物の侵入を防御したり、角質からの水分蒸発を防いだりして、バリア機能の働きをするのが細胞間脂質。「パイナップル由来グルコシルセラミド」は、そんな細胞間脂質のおよそ半分を占めるセラミドを合成する酵素を増やす、植物の主要なスフィンゴ脂質です。

 「スウィーティオパイナップル」と「スウィーティオパイナップルゴールド」には、可食部80gあたり「パイナップル由来グルコシルセラミド」が1.2mg含まれています。機能性が報告されている1日に接種する目安の量は、だいたい1/6〜1/10カット(80g)とのことです。

 株式会社ドールの公式Instagram(dole.sunshine.jp)では、1月21日12時〜2月3日まで「機能性表示食品発売記念キャンペーン」を開催。応募方法はドールの公式Instagramのアカウントをフォローして、キャンペーンに関する投稿に「いいね!」するだけ。すると抽選で100名に「スウィーティオパイナップル」1箱(約10kg)がプレゼントされます。

情報提供:株式会社ドール

(佐藤圭亮)

関連記事(外部サイト)