圧切長谷部と陸奥守吉行モチーフに関刃物職人が刃付けした『名刀ペーパーナイフ』一般販売へ

圧切長谷部と陸奥守吉行モチーフに関刃物職人が刃付けした『名刀ペーパーナイフ』一般販売へ

名刀ペーパーナイフ

織田信長と坂本龍馬が愛用した名刀を模し、さらに関刃物職人が1本1本丁寧に刃付けを施した『名刀ペーパーナイフ』が、2017年6月30日に岐阜県のニッケン刃物株式会社より発売される。

種類は織田信長の愛刀「圧切長谷部(へしきりはせべ)」及び坂本龍馬の愛刀「陸奥守吉行(むつのかみよしゆき)」。全長は210mm(刃渡り125mm)で、刀体はミラー仕上げ。刃の部分には特有の刃紋や愛刀名が刻まれており、さらに専用の掛け台つきで、価格は各3200円(税抜)。

『名刀ペーパーナイフ』は2017年2月から4月にかけクラウドファンディングを通じて資金が集められた商品化プロジェクト。目標額を大幅にこえる1617万円の資金が集まり、その後多数よせられた一般販売の要望に応えるかたちで今回の発売が決定した。






(画像提供・ニッケン刃物株式会社)

関連記事(外部サイト)