東京オリンピックのペアチケットが当たる!コカ・コーラのキャンペーンスタート

東京オリンピックのペアチケットが当たる!コカ・コーラのキャンペーンスタート

東京オリンピックのペアチケットが当たる!コカ・コーラのキャンペーンがスタート

いよいよ3年後に迫った東京オリンピック。聖火が初めて使用され、日本選手が初めて金メダルを獲得した1928年のアムステルダム大会からオリンピックをサポートしてきたコカ・コーラが、2020年の東京オリンピックに向け「コカ・コーラ TOKYO 2020 レッツスタート!」キャンペーンを7月17日から全国一斉にスタートさせます。

キャンペーンのアイコンとなるのは、水泳の金メダリストで「コカ・コーラ・チーフ・オリンピック担当・オフィサー」の北島康介さん、そして2020年東京オリンピック追加競技であるスポーツクライミングの白石阿島(しらいし・あしま)選手、そしてスケートボードの西村詞音(にしむら・ことね)選手・西村碧莉(にしむら・あおり)選手の姉妹。水泳競技の平泳ぎにおいて、2大会連続2種目制覇という史上初の快挙を成し遂げたオリンピックのレジェンドと、2020年東京オリンピックの主役となる新世代アスリートとの共演となる新CM「ドリームチケット」編が7月17日からオンエアされます。



CM撮影は2017年6月、別撮りとなった白石阿島選手を除く北島康介さん、西村詞音選手、西村碧莉選手が集合して、東京都内のスケートボード施設で撮影されました。北島さんからバトンタッチされるように、西村姉妹が飲料を受け取ってスケートボードのトリックを見せる……という段取りなのですが、いかに商品を見せながらトリックを決めるか、という点が結構大変。西村詞音選手・西村碧莉選手は入念にリハーサルを重ねて撮影に臨みました。本番で見事に成功させると、北島さんもふたりの華麗なテクニックに感心しているようでした。

別撮りとなった白石阿島選手。ボルダリングのウォールを登る様子を撮影するのですが、ルートの難易度と絵としてきれいに見えるのは全くの別要素なので、白石選手は「いかにカッコよく登るか」を考えて、様々な形で何度もウォールに向かっていました。

撮影後コメント

北島康介さん
3年後に開催される東京2020オリンピックに向け、若手選手たちを応援する立場て?、またこうして コカ・コーラのCMに出演て?きたことをうれしく思います。撮影て?は夢に向けて頑張る選手たちを見て、と ても新鮮な気持ちになりました。白石選手や西村詞音選手、碧莉選手にはオリンピックでぜひ日本中を驚かせてもらいたいです。新たに追加された競技て?すか?、気負うことなく、臆することなく、最高のハ?フォーマ ンスを見せてほしいなと思います。

白石阿島選手
コカ・コーラのCM撮影は初めての体験でしたが、想像以上に色々なシーンを撮っていただけて、とて も楽しかったて?す。ボルダリングのシーンは、もっとカッコよく登ろうと考えて撮るたびに違う動きをしたり、コカ・コーラを飲むシーンでは細かなしぐさを決めるのが大変でした。同じTVCMに出演する西村詞音さんや碧莉さんとは、私と同じく追加競技でオリンピック出場を目指す選手として、東京2020 オリンピックに 向けて一緒に盛り上げていきたいと思います。

西村詞音選手・碧莉選手
初めてのCM撮影だったので、とても緊張しました。でも本番て?はうまく滑ることができて、とても楽しかったですし。どんなふうに映っているのか放送されるのが楽しみです。また、北島さんとお話しできたのもとてもうれしかったです。北島さんとお会いするのは今回が初めてですごくドキドキしましたが、「いつからスケボーはじめたの」と気さくに話しかけてくださって、とてもやさしい方て?した。CMで共演する白石さんとは競技は違いますが、一緒に2020年に向けて頑張っていければと思います。

7月17日スタートのプロモーション第1弾では「コカ・コーラ オリンピック応援マーク」がラベルについた商品を対象に、東京2020オリンピックのペアご招待(抽選で毎週2組、計16組)や、コカ・コーラやファンタを過冷却で楽しめる「コカ・コーラ」アイスコールドマシン(抽選で毎週40名、計320名)、「コカ・コーラ」オリジナルスマートブレスレット(抽選で毎週2458名、計19664名)をプレゼント。応募方法は対象商品のオリンピック応援マークをA〜C各コースの必要枚数分集めて、必要事項を記入して送るだけ。9月10日の締め切りまで毎週抽選が行われるので、何度でも応募が可能です。

(咲村珠樹 / 画像提供・「コカ・コーラ」広報事務局)

関連記事(外部サイト)