「スターバックス(R) コールドブリュー コーヒー」の世界をジオラマで表現 「A story of Starbucks(R) Chilled Cup COLD BREW」代官山で開催

「スターバックス(R) コールドブリュー コーヒー」の世界をジオラマで表現 「A story of Starbucks(R) Chilled Cup COLD BREW」代官山で開催

「A story of Starbucks Chilled Cup COLD BREW」代官山で開催

 スターバックス・コーポレーションとサントリー食品インターナショナルから、スターバックスのチルドカップシリーズの新商品「スターバックス(R) コールドブリュー コーヒー」が、2019年5月14日より期間限定で発売されます。その発売を前にした5月13日、東京・代官山T-SITEでジオラマアニメーターのMozuさんとコラボし、「スターバックス(R) コールドブリュー コーヒー」の世界観を体験する一日限定イベント「A story of Starbucks(R) Chilled Cup COLD BREW」が開催されました。

 スターバックス(R) コールドブリュー コーヒーは、専用にロースト、ブレンドされた豆を贅沢に使用し、じっくり水出し(コールドブリュー)で抽出したコーヒー。水で時間をかけて抽出することで、雑味のないクリアですっきりとしたキャラクターに仕上がっているのが特長です。無糖のブラックですが、苦みや酸味も強くなく、なめらかな味わいとなっています。


 東京・代官山T-SITEで開かれたイベントでは、コールドブリューの世界観をジオラマアニメーターのMozuさんがミニチュアジオラマで表現した作品を「スターバックス(R) コールドブリュー コーヒー」を味わいながら鑑賞することができました。Mozuさんはミニチュア、ジオラマ、トリックアート、コマ撮りアニメ、細密画の作品を発表しているアーチスト。

 メインとなる作品「A story of Starbucks(R) Chilled Cup COLD BREW」は、コーヒー豆から「スターバックス(R) コールドブリュー コーヒー」ができるまでをストーリー化してジオラマで表現したもの。高さおよそ32cmほどの作品です。


 作品は表と裏とに分かれており、表側は「スターバックス(R) コールドブリュー コーヒー」のカップ形をしたお店に人が集まっているところ、そして裏側ではコーヒー豆から「スターバックス コールドブリュー コーヒー」ができるまでの工程が表現されています。Mozuさんによると、アイデアスケッチから完成まで、製作期間はおよそ2か月とのこと。

 作品の大きさは、人物フィギュア(43分の1スケール)を基準にして決定したそうです。表の芝生や木の植栽などは、鉄道模型ジオラマ(レイアウト)用のストラクチャーを流用したとのこと。カップの形をしたお店の建物は、外見の造形は3Dプリンタで出力し、内部の造作はプラ板を組み合わせたり、戦車模型のパーツを切り出したり、スプレーのキャップなど身の回りの物を流用して作られています。

 屋上にはコーヒー園。ストローに当たる部分は焙煎工場の煙突になっています。建物内部は3層に分かれており、1階層ごとに工程が行われるしくみ。

 屋上で摘み取ったコーヒーチェリーを焙煎します。この焙煎されたコーヒー豆は、鉄道模型のジオラマで使われるバラスト(道床の砕石)を流用し、焙煎機は戦車模型のパーツを使っています。

 焙煎したコーヒー豆を水で時間をかけ、じっくりと抽出。抽出されたコーヒーが入っている部分は、きれいに断面を見せるようにカットするのが大変だったといいます。水タンクの本体はスプレーのキャップ、フタは戦車の転輪が使われており、壁にかかった時計は腕時計の文字盤と針を使っています。

 一番下の階層では、抽出されたコーヒーをパッキングしていきます。小さな「スターバックス(R) コールドブリュー コーヒー」のカップはプラ棒をカットしてドリルの先端に付け、家具やこけし、漆器の木地作りで使われる挽物(ひきもの)の手法で削りだしたもの。削りだした原型を複製してベルトコンベアーや表側のお店に並べています。よく見ると、ロボットアームの台座も戦車の転輪ですね。

 表のお店には、様々な年齢層の人々がやってきています。Mozuさんによると、お昼くらいの時間帯を想定しているそうです。

 人物フィギュアのファッションをよく見てみると、ジーンズの色落ちなどもドライブラシで再現されており、細かいこだわりが見て取れます。また、店頭に置かれたコーヒーベンダーも、ストローなど細かい小道具が再現されており、Mozuさんによると「ここは作ってて楽しかった」とのこと。やはり細部の設定を考えて作っていく作業は、いろいろ想像が広がって楽しいのかもしれませんね。


 もうひとつは、商品のカップを美術作品に見立て、美術館で鑑賞しているような雰囲気を表現した「スターバックス(R) コールドブリュー コーヒー」。上から見るだけでなく、配置されているフィギュアの目線で見てみると、確かにカップが大きなオブジェに見えてきます。



 また、トリックアートが楽しめるコーナーも。イラストが描かれた紙の上、指定された場所に「スターバックス(R) コールドブリュー コーヒー」のカップを置き、指定された角度で斜め上からスマホなどで撮影してみると、平面に描かれたイラストが立体的に見えてきます。




 このイベント「A story of Starbucks(R) Chilled Cup COLD BREW」は、東京・代官山T-SITE GARDEN GALLERYで2019年5月13日の13時〜20時30分(20時入場終了)の一日限定で開催されました。

 また、2019年5月1日〜7月31日の期間、スターバックス チルドカップ商品のバーコード面画像12枚を1口としてキャンペーンサイトから応募した方の中から、抽選で500名にスターバックスの店舗で使えるStarbucks eGift 1か月分(500円券30枚)が当たる「Drink and Enjoy! スターバックス(R) チルドカップ -Special eGift Present-」も開催中となっています。

取材協力:スターバックス・コーポレーション/サントリー食品インターナショナル株式会社

(取材:咲村珠樹)

関連記事(外部サイト)