西鉄史上最高級の豪華バスで巡る九州・山口の旅「GRANDAYS」

西鉄史上最高級の豪華バスで巡る九州・山口の旅「GRANDAYS」

ドイツ直輸入の高級本革シート

 西日本鉄道は上質かつ特別なバスツアーブランド「GRANDAYS(グランデイズ)」を立ち上げ、同社史上最高級のラクジュアリーバスを2019年10月にデビューさせます。地元の大川家具やドイツ製シートを採用した定員12名の特別な車両です。

 福岡県を本拠とする私鉄、西日本鉄道(西鉄)は、一部ファンの間で“キング”と呼ばれている日本最長距離を走る高速バス「はかた号」(東京・新宿〜福岡・天神)など、多くのバスを運行しています。その豊富なノウハウを惜しみなくつぎ込んだラグジュアリーバスを導入し、上質なバスツアーを提供するのが「GRANDAYS」です。

 2名がけシート6列、わずか12名の乗客定員(運転士・添乗員含まず)となる、この世に1台だけのラグジュアリーバスは、内装の壁面や収納スペースに地元福岡県の大川家具を使用。シートはドイツ直輸入の高級本革シートを使用し、移動中もホテルのようにくつろげる「One-Seat HOTEL」をコンセプトにした上質な空間となっています。

 九州各地や山口県をめぐるツアーの企画にあたっては、地域の魅力に精通し、まちおこしや地方創生に取り組む企業4社と提携。各社の強みを生かし、高級旅館への宿泊や、趣向を凝らした料理だけでなく、地域の「知られざる」「特別な」「その地域ならでは」の体験ができるツアーになるとのこと。

 普段は立ち入れないスポットでの絶景鑑賞や、地元の有名シェフによるツアー限定の出張レストランでの食事、予約が非常に困難な温泉旅館への宿泊など、通常では味わうことのできない特別な旅の数々取り揃えられる予定。ツアーの開始は2019年10月。これに先立ち、8月には公式サイト(https://www.grandays.jp)が開設されることになっています。

情報提供:西日本鉄道株式会社

(咲村珠樹)

関連記事(外部サイト)