もうクルクルできない?ノザキのコンビーフのパッケージがリニューアル

もうクルクルできない?ノザキのコンビーフのパッケージがリニューアル

ノザキのコンビーフのパッケージがリニューアル

 国産コンビーフの第1号として、1948年6月に発売した「ノザキのコンビーフ」が、台形の枕缶に入ったコンビーフのパッケージを刷新。バリア性に優れた新パッケージ「アルミック缶」にリニューアルし、3月16日から発売します。

 「ノザキのコンビーフ」は、発売開始当初は瓶詰でしたが、その2年後に台形型でクルクルと回しながら開ける「巻き取り鍵」が特徴の、いわゆる枕缶のコンビーフが誕生。約70年経った今では、コンビーフと言えば、牛のマークがついた「台形の缶詰」を、誰もが思い浮かべるのではないでしょうか?

 そんな枕缶を、なぜリニューアルするのか?ノザキのコンビーフ公式Twitterによると「枕缶での販売開始から70年、製缶等製造ラインが限界に来ており、このような決断となりました」と理由を明かしています。

 「あと少しの間 枕缶をどうぞよろしくお願いします」とのことですが、コンビーフと言えば枕缶で、巻き取り鍵でクルクル回しながら開ける、あの感じが無くなってしまうのは、なんだか寂しい気がしてしまいますね。

 新パッケージは、お馴染みの牛のマークのデザインは残し、形状は台形の枕缶のイメージを最大限に踏襲したアルミック缶。開けやすいシール蓋を採用し、缶詰での開けづらさが解消されています。

 パッケージのリニューアルにともない、内容量も100gから80gに変更されています。内容量100gの枕缶は、日本のみの缶型でしたが、これでも量が多すぎるという意見が多くあったため、現在の家族構成や食事シーンなどを配慮し、使い切りやすい80gに変更したとのことです。

 枕缶のコンビーフは、在庫がなくなり次第終売とのことですが、新容器のコンビーフ発売(3月16日)までは、在庫がもつ計算だそうですので、それまでに枕缶のコンビーフを買って、クルクルしてみるのも良いかもしれません。

<参考・引用>
川商フーズ株式会社 プレスリリース
ノザキのコンビーフ公式Twitter(@nozaki1948)

(佐藤圭亮)

関連記事(外部サイト)