加熱式たばこIQOS 2020年春限定カラーモデル2種とヒートスティック新フレーバーが登場

加熱式たばこIQOS 2020年春限定カラーモデル2種とヒートスティック新フレーバーが登場

IQOS 2020年春の限定モデルと新銘柄

 フィリップ モリス ジャパン合同会社の加熱式たばこ「IQOS」から、2020年春の限定カラーモデルが2種登場。ヒートスティックもマールボロの新しいフレーバーと、ヒーツ初のフレーバー系メンソール2銘柄が発売されました。実際の商品にふれながら紹介していきます。

 フィリップ モリス ジャパン合同会社の加熱式たばこ「IQOS」は、火を使わないため煙が出ないことが特長の喫煙具。2020年4月から全面施行される改正健康増進法の面からも、成人喫煙者の注目を集めています。

 今回、IQOSの最新モデル「IQOS 3 DUO」の春限定カラーとして3月17日から順次発売されるのは、春らしい爽やかな色合いの「ウルトラヴァイオレット」と「アクアマリン」の2色(各色とも税込9980円)。「春色で、自分の可能性を見つけよう」というコンセプトで、グラフィックアーティストの牧かほりさんとコラボしたパッケージも、芽吹きの色合いをイメージしたものになっています。

 パッケージも光の当たり方で様々な色の表情を見せてくれるものになっていますが、チャージャーのデバイス挿入部分が角度によってメタリックな色合いが違って見えるものに。特にウルトラヴァイオレットは、赤の色が差す鮮やかな変化が現れる仕上がりです。


 そしてヒートスティックでは、IQOS専用たばこスティック「ヒーツ(HEETS)」から、待望のフレーバー系メンソールが初登場。「ヒーツ・シトラス・グリーン」と「ヒーツ・フレッシュ・パープル」の2種が、2020年3月9日から販売開始となりました。

 シトラス・グリーン(20本入りボックス・税込470円)は、みずみずしいシトラスフレーバーが爽やか。そしてキレ良く吸い終わり、あと口もスッキリしたものに。


 フレッシュ・パープル(20本入りボックス・税込470円)は、パッケージのイメージから濃厚な感じをイメージしてたのですが、ほのかな甘さを感じるもの。メンソールやたばこの風味がしっかりとしており、パープル感は後からふんわりと感じるテイストです


 2020年3月16日からマールボロに新しく加わった、4種目のフレーバー系メンソールが「マールボロ・ヒートスティック・ブライト・メンソール」(20本入りボックス・税込520円)です。味わいはまず、フルーティな香りが入ってきて、そこからスーッとメンソールの爽やかさが抜けていく感じ。爽快な余韻が楽しめます。


 IQOS 3 DUOの春限定カラーモデル(ウルトラヴァイオレット/アクアマリン)は、新色「ルーシッドティール」とともに、3月17日よりIQOSオンラインストアおよびIQOSのLINE公式アカウント、全国9店舗のIQOSストア、全国31店舗のドン・キホーテIQOSコーナーで販売開始。全国34店舗のヤマダ電機IQOSショップでは3月24日より販売開始となります。

情報提供:フィリップ モリス ジャパン合同会社

(咲村珠樹)

関連記事(外部サイト)