東京ドームに新しくできた観戦ルームに行ってみた

東京ドームに新観戦ルーム「NZK」が誕生 丸佳浩、坂本勇人、原辰徳監督らも見学

記事まとめ

  • 東京ドームの左中間フェンスの裏側に「パーティールームNZK」が誕生する
  • 1日限定2組が利用できるパーティールームで、外野フェンスをくり抜いた窓から観戦
  • 内覧会前には原辰徳監督、宮本和知投手総合コーチが見学に訪れた

東京ドームに新しくできた観戦ルームに行ってみた

東京ドームに新しくできた観戦ルームに行ってみた

取材・撮影:佐藤圭亮

 オープン戦も終わり、いよいよ3月29日金曜日に開幕する2019年のプロ野球。ファンの人たちもワクワクしていると思いますが、今シーズンから東京ドームの左中間フェンスの裏側に「パーティールームNZK」が誕生し、ファンクラブ「CLUB GIANTS」会員向けの申し込み受付が、4月8日から開始されます。今回、メディア向けに内覧会が開催され、一足先に「パーティールームNZK」を体験してきました。

 「パーティールームNZK」は、東京ドーム外野レフトスタンドの真下にできた観戦エリアで、1日限定2組が利用できるパーティールームです。外野フェンスをくり抜いた窓からは、グラウンドの様子をのぞき(NoZoKi)込むように見ることができ、他の席とはまったく異なる視点と距離で、グラウンド上の熱戦を楽しむことができます。さらに、室内には試合中継が放映される大型モニターやソファが備えられ、東京ドームホテルのパーティー料理やフリードリンクも堪能できます。


 いったいどんな部屋なのか?期待に胸を躍らせながら会場に着き、受付を済ませて「パーティールームNZK」に入ると、ブラウンを基調とした落ち着いたデザインになっていて、完成したばかりだったせいか、新築の家に入った時のような匂いがしました。そして、名作野球漫画(15作品)を集めた本棚やダーツ、Nintendo Switchなどが置かれていて、野球好きはもちろん、女性や子供たちも楽しめる空間になっていました。



 そんな部屋で内覧会が始まるのを待っていると、なんと原辰徳監督が登場。突然の予期せぬ登場に、筆者を含め「パーティールームNZK」にいたメディア関係者たちは色めき立っていました。どうやら、宮本和知投手総合コーチを連れて、球団スタッフの説明を聞きながら「パーティールームNZK」を見学しに来たようで、説明に頷きながら、満足そうな表情で部屋を見た後、外野フェンスをくり抜いた窓から練習している選手たちを見ていました。


 そして、内覧会が始まると、日テレG+で「GIANTSプレ&ポストゲームショー」のMCを務め、日本各地の球場で巨人戦を観戦している阿出川浩之さんが登場。阿出川さんによると、原監督が来る前に、丸佳浩選手や坂本勇人選手も来ていたそうで、丸選手が「『風光る』(月刊少年マガジンで連載されていた野球漫画)や『わたるがぴゅん!』(月刊少年ジャンプで連載されていた野球漫画)も入れてほしい」とリクエストしていたそうです。

 続いて東京ドームホテルの作佐部淳二シェフが登場。「パーティールームNZK」にズラリと並んだ料理ついて、「春には菜の花を添えたり、夏にはスパイシーな料理を加えたりして、スタジアムにいながら季節も感じられるメニューを提供していく」と教えてくれました。また、オプションでビールの売り子が部屋に来て、ビールを提供してくれるサービスもあるとのこと。ちなみに、作佐部シェフは、いつも選手の料理も作っているそうなので、これまた野球ファンにとっては熱い体験ができます。





 そして、この日は巨人VSロッテのオープン戦が行われました。実際に観戦スペースに行って、試合を見てみると思っていた以上に広く、視野ももっと制限されると思っていたのですが、じゅうぶん試合を楽しめます。さらに、観戦スペースの方に打球が飛んできた時は、巨人の守備時だったら丸選手が必死に打球を追いかけて、こちらに向かって走ってくるという、今までにない感覚が楽しめます。選手がどんな表情で打球を追いかけているのか?金網フェンス越しに間近で見ることができるなんて……、野球ファンならずとも一見の価値ありです。


 「パーティールームNZK」は、定員15人の「NZK−1」が30万円(税込)、定員25人のダーツやゲーム、漫画などのアミューズメントコーナー付きの「NZK−2」が62万5000円(税込)となっています。

取材協力:読売巨人軍

(取材・撮影:佐藤圭亮)

関連記事(外部サイト)