「平成最後の日」に食べたいものは? ソフトバンクが絵文字で調査

平成最後の日に食べたいもの1位はお寿司 2位はお肉、3位ラーメン

記事まとめ

  • ソフトバンクが新時代に対する思いを「絵文字」で回答してもらうアンケート調査を実施
  • 「平成最後の日に食べたいものは?」という質問で、1位にお寿司(43.6%)が選ばれた
  • 2位はお肉(16.3%)で、以下ラーメン(10.2%)、ケーキ(6.3%)と続いた

「平成最後の日」に食べたいものは? ソフトバンクが絵文字で調査

「平成最後の日」に食べたいものは? ソフトバンクが絵文字で調査

平成最後の日に食べたいものは?

 ソフトバンク株式会社が2019年4月1日の新元号「令和」発表直後に、新時代に対する思いを「絵文字」で回答してもらうという、アンケート調査を実施しました。平成生まれの「絵文字」といえば、現代人には感情表現の手段として使いなれた存在。来る新時代に向けた期待や、驚き、様々な素の感情が絵文字に反映されています。

 アンケートでは新元号発表を受けた「今の気持ち」や、残り1か月となった平成にちなみ「平成最後の日に食べたいもの」、そして「新時代に期待していること」を、平成生まれの絵文字でのべ1398人に答えて貰っています。

 まず、新元号「令和」を知った「今の気持ち」を「表情の絵文字」で回答してもらったところ、1位に上を向いて「考えている表情」(28.7%)が選ばれます。初めて聞く「令和」という言葉の意味や、発音など一瞬考えてしまう人が多かったようです。そして2位は目を丸くして「驚いている表情」(19.7%)、3位は「口を開けて笑っている表情」(15.1%)という結果。考えたり、驚いたり、笑ったり。新時代への期待や戸惑いなど様々な感情が表れたようです。

▼「令和」を知った「今の気持ち」
1位:考えている表情(28.7%)
2位:驚いている表情(19.7%)
3位:口を開けて笑っている表情(15.1%)

 「平成最後の日に食べたいものは?」という質問では、圧倒的な得票数で1位にお寿司(43.6%)が選ばれています。続く2位はお肉(16.3%)。1位、2位を足すと約半数ほどの人が、普段よりもちょっと豪華な食事を選んでいることになります。今回の元号変更は、崩御や天変地異など不幸を理由にしたものではありません。このため、「祝い事」「新年を迎える感覚」という風に捉えている人が多く、最後の日に選ぶ料理も祝い膳として選ばれているのかもしれませんね。

 しかし次からは、3位ラーメン(10.2%)、4位ケーキ(6.3%)、5位おにぎり(5.5%)、6位カレーライス(4.4%)と、普段から食べ慣れたメニューが選ばれています。“最後の日に食べたいもの”という言葉の印象からかもしれませんが、「本当に好きなもの」を選ぶ人も多いようですね。

▼平成最後の日に食べたいものは?
1位:お寿司(43.6%)
2位:お肉(16.3%)
3位:ラーメン(10.2%)
4位:ケーキ(6.3%)
5位:おにぎり(5.5%)
6位:カレーライス(4.4%)

 次に、新時代に「最も期待すること」については、絵文字に加えて文字での説明もつけて選択肢が用意されました。その中で選ばれたのは、1位「自由な働き方の浸透」(44.8%)。ITの普及により、会社に通勤しなくても働ける環境が徐々に整いつつあります。そうしたこともあってか、場所を選ばず、出来るときに働ける環境のさらなる整備に期待を込め、選ばれているようです。

 続く2位は「AI技術による医療や保険の発展」(27.3%)。3位は「自動運転の一般化」(13.6%)、次いで「人間とロボットの共生」(8.4%) 、「VR・AR(仮想現実・拡張現実)の実用化」(5.9%)など、いずれも最新技術への期待の高さがうかがえる結果となっています。

▼新時代に「最も期待すること」
1位:自由な働き方の浸透(44.8%)
2位:AI技術による医療や保険の発展(27.3%)
3位:自動運転の一般化(13.6%)
4位:人間とロボットの共生(8.4%)
5位:VR・AR(仮想現実・拡張現実)の実用化(5.9%)

 まもなく訪れる新時代。変化に期待する気持ちや、新時代の訪れを手放しで喜ぶ気持ちが今回の結果からは見てとれましたが、筆者個人で気になったのはやはり「平成最後に食べるもの」。

 「人生最後の日に食べたいものは?」という質問であれば、シンプルに「卵焼き」と食べ慣れた本当に好きなものを選んでしまうところですが、今回最後は最後でも一時代の最後。やはり少し豪華な食事を選んでしまうかな?と考えてしまいました。みなさんは、平成最後の日にどんな食事を選びますか?豪華?それとも本当に好きなもの?

情報提供:ソフトバンク株式会社

(宮崎美和子)

関連記事(外部サイト)