藤本美貴・杉浦太陽が登場!発売2か月で20万台突破の子供用電動歯ブラシ「ポケモン歯ブラシ」販売好調イベント開催

藤本美貴・杉浦太陽が登場!発売2か月で20万台突破の子供用電動歯ブラシ「ポケモン歯ブラシ」販売好調イベント開催

画像提供:プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社

 4月18日の「よい歯(418)の日」に小型家電ブランドのブラウンが、「ポケモン歯ブラシ」こと子供向け電動歯ブラシ「すみずみクリーンキッズ」の販売好調を記念して、東京・有楽町でブラウン オーラルB「すみずみクリーンキッズ よい歯の日 PRイベント」を開催しました。当日は2児のママとして活躍中の藤本美貴さん、4児のパパとして活躍中の杉浦太陽さんのほか、製品のパッケージにも登場しているピカチュウが登場。また、東京都世田谷区「歯列育成クリニック」の島津貴咲院長が、生え変わり時期の正しい歯磨き習慣と「すみずみクリーンキッズ」の活用方法などを紹介しました。

 イベントでは、はじめにプロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社マーケティング部のブラウン オーラルB担当ブランドスペシャリスト、長村汐乃さんがプレゼンテーション。日本での電動歯ブラシの世帯浸透率は世界と比較してもまだ低い方で、全身疾患にも影響を与える可能性を指摘されている歯周病は、日本人では40歳以上の2人に1人が罹患(りかん)しているとのこと。一方、オーラルケアは子供の頃の習慣に大きく影響されることが分かっており、子供のうちに正しいオーラルケア習慣を身につけることが重要だと語りました。

 しかし、小さい頃はどうしても歯ブラシの使い方がうまくいかないもの。同社の調査によると、他の国と比べて日本の親は「子供がきちんとブラッシングできていない」と思っている率が高く、さらに「歯磨きは根気よくしつける」ことを重要視していることが分かったといいます。歯学博士のイー・ファン先生によれば、ブラッシングのポイントはしっかりと押さえるけれど、“子供たちが楽しむ工夫”が正しい歯磨き習慣を身につける上では大切だとのこと。

 2019年2月20日に発売された「すみずみクリーンキッズ」は、子供たちが楽しみながら正しい歯磨きができるというコンセプトで作られた電動歯ブラシ。成長期の子供の口に合わせた小さなブラシヘッドが歯を包み込んで高速回転するので、歯に当てるだけで簡単にしっかりと磨けるようになっています。また、歯みがき習慣を続ける動機づけとして、磨くたびに新しいポケモンに出会える専用ウェブコンテンツ「ポケモンブラッシングマスター」を開設。親子でゲーム感覚で楽しみながら歯磨きすることができるようになっています。これらの特長から、使用した約90%の親が子供に歯磨きさせやすいと実感した、という調査結果も出ているとか。

 続いて、藤本美貴さん、杉浦太陽さんが登場してのトークセッション。今まさに子育て真っ最中のお2人、事前に「すみずみクリーンキッズ」を使ってもらい、その感想を問われると、藤本さんは「もう、かわいいですよね!製品を見た瞬間、子供が喜んで“使ってみたい!”と言ってくれました」と大好評だった様子。杉浦さんも「実は、3番目の子が発売してすぐお誕生日プレゼントでもらっていて愛用していました。ポケモンはみんなに人気のキャラクターだから、男の子も女の子も使えるのがいいですね。それに、歯に当てるだけできれいに磨けるのがいい!親が楽、それが一番ですね」と、子供だけでなく、保護者側の負担も少ない点に言及していました。

 発売以来、販売好調だという「すみずみクリーンキッズ」。実際にどれくらい売れているのか、当日(4月18日)現在の推計が明らかにされました。20万台突破という数字を見て、お2人からは驚きの声が上がるとともに、藤本さんは「やはり電動歯ブラシだとしっかり磨けるというのを親は知っていますからね。実は、ずっと前から海外からオーラルBの歯ブラシを取り寄せて使っていたくらいなんです。子供用は待っていました感はありますよ」と納得の声。杉浦さんからも「待ってました!という期待感と、製品の良さが親同士口コミで広がったんでしょうね」と、好調の理由を分析していました。

 歯科医であり、東京都世田谷区の「歯列育成クリニック」院長である島津貴咲さんからは、子供の正しい歯磨き習慣を続けるポイントをレクチャー。「正しい歯磨き習慣を続けるコツは、歯ブラシタイムを楽しい時間にすること。親子のスキンシップの時間として、自分磨きから仕上げ磨きまで楽しい時間にしてほしいですね」とコメント。親御さんに対しては[100点満点を目指さず、心の余裕を持ってください」とアドバイスしています。筆者も予防歯科で定期的にブラッシングのチェックをしてもらいますが、大人でも100%きれいに磨ける人は少ないと言われます。子供のことだけに、つい真剣な表情で磨き残しがないか子供の口を覗き込でしまいがちですが、その表情は子供にとって「怖い顔」に見えてしまうといい、親子で楽しく歯磨きをしてほしい、と語っていました。

 イベント終了後は、同会場で一般向けの体験会が行われました。親子向けに歯磨きの大切さを紙芝居で紹介、正しい歯の磨き方や虫歯に関するクイズ大会が開催されたほか、「すみずみクリーンキッズ」と「ポケモンブラッシングマスター」のデモ体験コーナーやフォトスポットコーナが設けられ、多くの親子でにぎわっていました。

情報提供:プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社

(咲村珠樹)

関連記事(外部サイト)