グリコプリッツ×すみっコぐらし「おとな塗り絵にどっプリキャンペーン」を体験してみた

グリコプリッツ×すみっコぐらし「おとな塗り絵にどっプリキャンペーン」を体験してみた

グリコプリッツ「おとな塗り絵にどっプリキャンペーン」

 新型コロナウイルス感染拡大防止で、外出を避けて家に閉じこもるストレス解消にぴったりな、人気キャラクター「すみっコぐらし」とコラボしたプリッツ「おとな塗り絵にどっプリキャンペーン」が4月14日スタート。一足先に、そのおとな塗り絵を体験してみました。

 この「おとな塗り絵にどっプリキャンペーン」は、人気キャラクター「すみっコぐらし」とコラボし、裏面が「すみっコぐらし」のオリジナル塗り絵になったパッケージを期間限定で販売するほか、専用アプリでも同様に塗り絵を楽しむことができます。また、完成した塗り絵の写真をTwitter、またはLINEでアップして応募すると、抽選で500名にプリッツオリジナルの「すみっコぐらしぬいぐるみマルチスタンド」が当たるというもの。

 一体どんな塗り絵になっているのかな……と、さっそくメディア用の体験キットということで届いた、トランクをイメージした大きなボックスを開封。しかも「プリッツからの挑戦状」という、ちょっとおだやかじゃない言葉が書かれています。

 反対側を見てみると、箱に詰められたプリッツ(旨サラダ、熟トマト、香りロースト)と、超カリカリプリッツ(クリスピーピザ味、クリスピーチキン味)、計5種類の商品、そしてオリジナルデザインの色鉛筆がセットになっています。さらに「挑戦状」が同封されていました。

 すみっこから大胆に送られてきた挑戦状によると、今回「おとな塗り絵にどっプリキャンペーン」では、初級から上級まで全15種類の塗り絵が用意されているとのこと。そして杏林大学名誉教授で精神科医の古賀良彦先生からは、塗り絵はストレスを取り除くために大切な「レスト」「レクリエーション」「リラックス」のすべてを満たしてくれる、という見解が添えられています。

 どの絵柄も「すみっコぐらし」のキャラクターたちが、かわいらしく描かれているのですが、商品ごとにテーマが設定されているのが分かります。それぞれの商品ごとにも初級・中級・上級があり、上級になるに従って絵柄が細かくなっていきます。

 プリッツ旨サラダは「とかげとおかあさん」と題して、すみっ湖にすむとかげのお母さんとみんなが遊ぶ様子。

 プリッツ熟トマトでは「のこさず食べてね、すみっコ弁当」として、みんながお弁当になった姿が描かれています。

 プリッツ香りローストは、みんなでパン作り。「みんなですみっコパンきょうしつ」というタイトルがつけられています。 

 超カリカリプリッツのクリスピーピザ味では、みんながとかげの家に遊びに行った様子。森の中で遊んだり、魚料理を囲んでのパーティーが描かれています。

 超カリカリプリッツのクリスピーチキン味は、みんなでお泊まり会。歯を磨いて、お風呂に入り、おやすみっコ……と眠る姿が描かれます。

 これらの塗り絵ですが、ボックスの左上に配置されているものが簡単で、右下に行くほど難易度が高くなっているとのこと。小さい頃から塗り絵が下手だった筆者、迷わず一番簡単そうな絵柄を手にしました(ヘタレ)。

 色鉛筆を手にしたのはいつ以来だろう……などと思いながら、手を動かしてシャカシャカと塗っていきます。これ、どの部分から、どの色から最初に塗り始めるか、ってところで性格が出ますね。

 一心不乱に色鉛筆を使っていると、確かに心が安らぐというか、リラックスする感じ。割と集中しているはずなのですが、精神的には落ち着くのが不思議なところです。

 プリッツオリジナルの「すみっコぐらしぬいぐるみマルチスタンド」が当たるキャンペーンでは、パッケージに直接色を塗って応募する方法と、キャンペーン特設サイトから専用アプリをダウンロードし、アプリで色を塗って応募する方法があります。応募期間は第1弾が2020年4月14日〜5月31日、第2弾が2020年6月1日〜7月13日となっています。詳細については「おとな塗り絵にどっプリキャンペーン」キャンペーン特設サイトで確認してください。

(c) 2020 San-X Co., Ltd. All Rights Reserved.
※見出しなどの「おとな塗り絵にどっプリキャンペーン」体験ボックスは非売品です。

情報提供:江崎グリコ株式会社

(咲村珠樹)

関連記事(外部サイト)