プロ用電動工具のミニチュア「Bosch ミニチュアコレクション」第2弾登場

プロ用電動工具のミニチュア「Bosch ミニチュアコレクション」第2弾登場

「Bosch ミニチュアコレクション」第2弾

 世界的に有名なボッシュのプロ用電動工具をメーカー完全監修のもと再現した、株式会社ケンエレファントのミニチュア「Bosch ミニチュアコレクション」に第2弾が登場。カプセルトイとブラインドBOXの2つの仕様で、4月下旬から発売されます。

 ドイツの総合自動車部品・電動工具メーカーとして知られるボッシュ(BOSCH)。ボッシュ電動工具では、1932年に発売した世界初のハンマードリルから安全装置が組み込まれ、作業者の安全を第一に考えた製品づくりで知られます。

 緑の一般向けに対し、青い本体カラーが目印となっているボッシュのプロ用電動工具「ボッシュプロテクション(Bosch PROtection)」を忠実にミニチュア化したのが「Bosch ミニチュアコレクション」シリーズ。メーカーであるボッシュ株式会社が完全監修した、リアルな質感が特徴です。

 第1弾の6アイテムに続き、第2弾としてラインナップされたのは、18Vのバッテリーを使用したコードレス工具など6アイテム。モデルとなった、コードレスセーバーソーGSA 18V-32は、ストローク幅32mmの電動ノコギリ。

 丸ノコのコードレスチップソーカッター、GKM18V-LIはノコ刃直径136mm、最大切断深さ50mmのモデル。

 コードレスインパクトドライバーGDX 18V-200C3は、最大トルク200N・mのパワフルなインパクトドライバー。

 パワフルな手持ちタイプのコードレスクリーナー、GAS 18V-1は床用ノズルがセット。集じん部も透明パーツで再現されています。

 コンクリート探知機D-TECT 150 CNTは、広帯域をカバーするセンサーシステムが、深さ15cm以下のコンクリート内にある鉄筋を正確に探知するほか、木材や床や壁内の暖房配管などのプラスチック管を正確に探知する器具。

 キャリングケースシステムL-BOXX 238Nは、実物同様にスタッキングが可能。また、ほかの工具アイテムを収納することもできます。


 メーカーが完全監修したこだわりの造型が光る「Bosch ミニチュアコレクション」第2弾は、カプセルトイ版(税込500円)とブラインドBOX版(税抜500円)という2種類の仕様で、4月下旬から各地のカプセルトイ自販機、ホビーショップ、雑貨店などで販売されます。

1.GSA 18V-32 コードレスセーバーソー(サイズ:横約70×高さ約26×奥行約12ミリ)
2.GKM 18V-LI コードレスチップソーカッター(サイズ:横約51×高さ約25×奥行約30ミリ)
3.GDX 18V-200C3 コードレスインパクトドライバー(サイズ:横約30×高さ約38×奥行約9ミリ)
4.GAS 18V-1 コードレスクリーナー(サイズ:奥行き約15×高さ約113ミリ)
5.D-TECT 150 CNT コンクリート探知機(サイズ:横約19×高さ約36×奥行約18ミリ)
6.L-BOXX 238N(サイズ:横約52×高さ約25×奥行約42ミリ)

(C) Bosch
情報提供:株式会社ケンエレファント

(咲村珠樹)

関連記事(外部サイト)