コンビニの陳列にもセンスが必要!メーカーの意図を汲み取って商品陳列した結果

コンビニの陳列にもセンスが必要!メーカーの意図を汲み取って商品陳列した結果

期間限定パッケージ

 コンビニで扱う商品にはコラボ商品の限定パッケージや期間限定パッケージも多く、毎度購入者だけでなく、陳列をする店員の目も癒やしてくれます。筆者はコンビニ店員をしながらライターもしているので、こういった限定パッケージが来ると「今回はどんな絵柄かな?」と楽しみながら納品陳列をする側でもあります。

 そんな限定パッケージですが、最近は複数のパッケージを組み合わせる事によって新たなイラストになる、そういった「遊び心」を取り入れるデザインもちらほら。その遊び心を取り入れた限定パッケージがあることをあるお店の店員さんが知り、「お店で陳列し直した」とTwitterで紹介したところ大きな話題となっています。

 単体で見ると、日本の風景が描かれた紅茶のパッケージですが、繋げてみると見事に風景のイラストが繋がって見えるようになっています。これはリプトンブランドの紙パック「ミルクティー(470ml)」「レモンティー(500ml)」「グリーンアップルティー(500ml)」の3商品をつなげたもの。

 それを見たツイッターででの反応は「近くのお店行って出来てるか見てみようっと!」「これは全部買って自宅の冷蔵庫で並べたい」「ウチのお店でもやろう」とお客様、店員両方驚いた反応も多く、筆者も含めて気付かなかった人が多かった様です。

 インターネット上でこの限定パッケージを知って陳列した投稿主のふうさん。詳しく聞くと「メーカーさんの戦略を知って、これはお店がやらないと広がらない!と思って並び変えました」「やらないと消費者には伝わりませんからね。今はネットの時代なのでこういう情報発信は伝わり易いと改めて思い知らされました。せっかくのメーカーさんの戦略を無駄にする訳にはいきませんもの」とお客様とお店、メーカーさん全てにとって良くなる様に今回行動に移したとの事。

 筆者はライターをやりつつ現役コンビニ店員としても働いています。筆者が働いているお店では、別のキャンペーンで品物が入らない状態で、1種類しか発注できなかったので、キャンペーンが終わり次第導入してみようと思います。限定パッケージはかわいいのが多くて素敵ですね。

<記事化協力>
ふうさん(@nekojitadesuyo)

(戦魂)

関連記事(外部サイト)