ヒカリが車幅を教えてくれる! シーケンシャルウインカーが路面を照らす!【東京モーターショー2019】小糸製作所

ヒカリが車幅を教えてくれる! シーケンシャルウインカーが路面を照らす!【東京モーターショー2019】小糸製作所

手前の白いヒカリがロード・プロジェクション・ヘッドランプの照射

13万個の白色LEDがプロジェクション!

ヒカリでコミュニケーション/小糸製作所

TMS2019 西2ホール

クルマの前の路面に車幅を照らし出す

ロード・プロジェクション・ヘッドランプ

「ロード・プロジェクション・ランプ」は、路面にヒカリで図形やピクトグラムなどを表示することが可能です。
今回は画像のように車両先方にすれ違いなどでわかりやすくするために、乗っているクルマの車幅を指し示すような照射や、歩行者検知した際にそのアラートを表示するような照射などをプレゼンテーションしていました。
コンセプトカーでは、ヘッドライトにその仕組みを取り入れていますが、これは新しい灯火類を増やすというより、ヘッドライトの機能の一つとして導入するほうが、法整備の上でもクリアしやすい可能性もあるとのことでの試作

記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)