新車速報! RAV4譲りのアクティブフェイス! ダイハツとタッグを組んだ小型SUVライズが新登場【新型車レポート】

新車速報! RAV4譲りのアクティブフェイス! ダイハツとタッグを組んだ小型SUVライズが新登場【新型車レポート】

新車速報! RAV4譲りのアクティブフェイス! ダイハツとタッグを組んだ小型SUVライズが新登場【新型車レポート】の画像

室内の空間効率を突き詰めた
運転しやすい5ナンバーSUV

いま流行のコンパクトSUV市場にトヨタが送り込んだ新型ライズ。ダイハツ・ロッキーのOEMとなるが、フロントマスクやホイールなどのデザインがやや異なる。月販目標もダイハツ・ロッキーが2000台なのに対し、ライズは4100台となんと2倍! トヨタはライズをホンキで売る気なのだ。
運転しやすい全長4m以下のボディに、クラストップレベルの荷室スペースや居住空間をギュッと詰め込んでいるのに驚く。荷室は通常時でも369Lあるし、前後シート間は900mm確保しているから後席は大人でもゆったりと座れる。パワートレーンは、1.0Lターボながら1.5L NA並みのトルクを低回転域で発揮する街乗り仕様。4WD車には車両の状況に応じて最適なトルクを後輪に配分するダイナミックトルクコントロールAWDを採用する。また

記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)