1インチ程度のリフトアップでもドライブシャフトブーツが破れることがあるってホント?|デリカD:5を楽しむためのカスタム基礎講座【リフトアップ編】

1インチ程度のリフトアップでもドライブシャフトブーツが破れることがあるってホント?|デリカD:5を楽しむためのカスタム基礎講座【リフトアップ編】

1インチ程度のリフトアップでもドライブシャフトブーツが破れることがあるってホント?|デリカD:5を楽しむためのカスタム基礎講座【リフトアップ編】の画像

デリカD:5を楽しむためのカスタム基礎講座

リフトアップ編

左:4インチアップ 右:純正車高

デリカらしさの真骨頂。でも注意すべきポイントも

国産ミニバンの中で、アゲ系スタイルが唯一似合うクルマと言っても過言ではないD:5。しかし、かつてのスペースギアとは異なり、完全なモノコック構造の車体を持つD:5をリフトアップさせる際には、対策をしっかり行なうべき場所は少なく無い。作業は決して焦らず、じっくり行ないたい。

チョイ上げを侮るのは禁物各部の対策は忘れずに!

車高を上げる方法は大きく分けて2通り。まずスプリング単体で上げる方法。一見、これは手軽な方法のようにも思えるが、それに伴い対策が必要となる箇所は意外と多い。
「2017年8月以前に生産されたD:5のディーゼル車は、構造上の

記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)