2020年もSUVが面白い!! コンパクトでタフ! でも都会的なトヨタ・ライズは使って楽しいクルマ【新型車試乗記】

2020年もSUVが面白い!! コンパクトでタフ! でも都会的なトヨタ・ライズは使って楽しいクルマ【新型車試乗記】

2020年もSUVが面白い!! コンパクトでタフ! でも都会的なトヨタ・ライズは使って楽しいクルマ【新型車試乗記】の画像

都会派新コンパクトSUVは
走って、乗って、積んで快適!
TOYOTA/RAIZE
トヨタ/ライズ
2WD=200系 4WD=210系 2019年11月デビュー

ライズはダイハツ・ロッキーの兄弟車となるコンパクトSUV。開発や生産はダイハツが行っており、ボディやパワートレーンは両車共通だが、外観デザインはロッキーよりもフロントグリルの押し出し感を抑えた都会的なスタイリングに仕上げている。

鮮やかなターコイズブルーマイカメタリックもライズの専用ボディカラーだ。

グレード展開もロッキーとは少し異なっている。自動ブレーキなどが含まれた安全装備のスマートアシストが、ロッキーは全車標準装備なのに対し、ライズでは最も低価格の「X」には装備されないため、ライズのほうが少し価格帯が安い。

<

記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)