4駆のシャコタンにはコツがある|200系ハイエース カスタム

4駆のシャコタンにはコツがある|200系ハイエース カスタム

4駆のシャコタンにはコツがある|200系ハイエース カスタムの画像

4WDシャコタンのスペシャリスト!! 施工前後でそのポイントをチェック

T-CRIMB

200系ハイエース

雪深い北国で圧倒的な支持を得ている四輪駆動のハイエースだが、最低地上高を稼ぐ必要があるため2WDモデルと比較して腰高感が拭えないのも事実。
しかし、足まわりの構造上4WDモデルのローダウンには限界値が存在し、その値を超えた低車高で走り続けるとアッと言う間に不具合が続出しまうのだ。
そこで2駆4駆を問わず足まわりカスタムを数多く手がけるティークライムでは、4WDモデルの車両に余計な負担をかけないローダウンの推奨メニューを用意している。
車高の落ち幅こそ2WDモデルのような過激さは無いものの、フロント2インチ、リア1インチほどローダウンされたフォルムは前後の水平基調を得て均整のとれたものに。

記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)