いまトヨタ C-HRに求められる高級感。グラージオ・シーオーがマテリアルで解答する。

いまトヨタ C-HRに求められる高級感。グラージオ・シーオーがマテリアルで解答する。

いまトヨタ C-HRに求められる高級感。グラージオ・シーオーがマテリアルで解答する。の画像


先進の機能と最先端のスタイリングを備えたSUVとして日本はのみならず世界を席巻しているクルマとしていまトヨタ C-HRが話題となっている。それはいまにはじまったことではなく、発売前から前評判として情報が錯綜しながら、世界中の期待を背負ってデビューするという異様な光景が記憶に新しい。もちろん、ユーザーの期待もそうだが、なによりトヨタ自身が最大級の期待をしていたのではないだろうか。2016年12月のデビュー直後は予約が殺到し、納車がいつになるのかわからなくなるほどだったが、1年ちょっと経ち、ようやくまんべんなくC-HRライフを過ごしている人も多くなってきた頃合いだとおもう。いかがだろう、手にしたC-HRは期待に応えてくれているだろうか。期待していた先進機能は活躍しているだろうか。あれだけ斬新に思えたスタイリングは色あせてはいないだろうか。この1年、ドレナビではメーカーからユ

記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)