マメなチェックを! 標高、温度など環境によって変化するタイヤの空気圧 | フジモンのクルマ生活豆知識

マメなチェックを! 標高、温度など環境によって変化するタイヤの空気圧  | フジモンのクルマ生活豆知識

マメなチェックを! 標高、温度など環境によって変化するタイヤの空気圧 | フジモンのクルマ生活豆知識の画像

燃費に直接影響し乗り心地や走行性能にも関係してくるタイヤの空気圧。
実は標高や温度などの環境によって変化する。
キチンと測定し適切な空気圧で安全運転を心がけよう。

温度によって変わる空気圧

タイヤの空気圧は温度によって変化する。
タイヤのサイズなどによって、変化の度合いは変わってくるところがあるが、一般的性能、サイズのタイヤであれば、温度変化10℃に対して10Kpaの差が生じるといわれている。

例えば朝10℃程度の気温時に200Kpaだったとすれば、昼間に20℃くらいの気温になれば210Kpaに変化しているということになる。

また、タイヤは走行することによりタイヤ内の空気の温度が上昇する。

一般的に100〜120キロの連続走行をす

記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)