エアバックが付いていない時代もありました。パーツ今昔物語 ハンドル編|フジモンのクルマ生活豆知識 143

エアバックが付いていない時代もありました。パーツ今昔物語 ハンドル編|フジモンのクルマ生活豆知識 143

エアバックが付いていない時代もありました。パーツ今昔物語 ハンドル編|フジモンのクルマ生活豆知識 143の画像

クルマについているパーツも時代とともに変化する。
今と昔では同じパーツでも形が大きく変わったりしているものもある。
今回はハンドル編。

今、ハンドルといえば

どんなクルマにもついているステリングホイール=ハンドル。
クルマによっていろいろだが、今のクルマのハンドルというとほとんどのクルマにエアバックが装着され、クルマによってはオーディオなどのスイッチが搭載されているなど、クルマを操縦するハンドルとしてだけでなく、安全性能やその他の電装品を操るスイッチが一体化されるようなものになっている。

昔のハンドルといえば?

昔のノーマル・ハンドルといえば、細くて大口径のイメージが強い。
30年くらい前まで遡ると、当然、今のようにエアバックなどの装備が装着されているクルマは極まれで、ハンドルの

記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)