1本10万円を切るか!? カーボン製ホイール量産化への道程|ダイハツ・コペン用

1本10万円を切るか!? カーボン製ホイール量産化への道程|ダイハツ・コペン用

1本10万円を切るか!? カーボン製ホイール量産化への道程|ダイハツ・コペン用の画像

3.97kgの超軽量ホイール

カーランド バーデンにカーボン製の試作が登場!

9月22日(土)〜23日(日)に、愛知県安城市のカーランド バーデンで開催された「コペンフェスタ」で、ダイハツ・コペン用サイズのカーボン製ホイールの試作品が登場しました。

このカーボン製ホイールは、東洋紡が新開発した熱可塑性複合材料(CFRTP)の新素材が使われ、岡山にあるラピートがスタンパブル工法のプレス圧縮成形で製作した試作品で、今後は量産が見込まれているそうです。

カーランド バーデンで展示された試作品は、現行コペンの純正ホイールサイズと同じ(16inch×4.5J)で、同強度を実現しつつ、ノーマル比38%となった重量は、3.97kgになります。
この製品はカーボン製なのですが、アルミホイールの安全基準となっているJWL規格に合致

記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)