左出し、右出し、左右出し! 見た目と性能を両立した3種のマフラーを速攻リリース|カキモトレーシング|JB64スズキ・ジムニー

左出し、右出し、左右出し! 見た目と性能を両立した3種のマフラーを速攻リリース|カキモトレーシング|JB64スズキ・ジムニー

左出し、右出し、左右出し! 見た目と性能を両立した3種のマフラーを速攻リリース|カキモトレーシング|JB64スズキ・ジムニーの画像

関西が誇る老舗マフラーメーカーのカキモトレーシングも、新型ジムニー用マフラーをいち早く開発。しかもラインアップはすでに3タイプ。それぞれ独自の特徴を持ち、見た目や価格など自分の好みでチョイスできるのが強みである。

カキモトレーシングは日産のL型やRB26エンジンのチューニングを得意としており、走りにこだわるオーナーたちを支えてきた。現在はマフラーの開発にも力を入れ、「エンジンの最終工程である排気を効率良く流し、そのエンジン・車両の特性をいかにして引き出せるか」をテーマに各車種に相応しいモデルを作り続けている。だから見た目はもちろんのこと、性能の向上にも一切の妥協を許さない。

新型ジムニー用のマフラーもそれらを重視して開発しているが、オーナーの好みに合わせて選んでもらえるように3タイプのモデルを完成させた。

まずはGTボックス06&S。右出しか

記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)