幾何学的な八角形ホールが個性を放つエクストリームジェイのNEWモデル“XJ06”

幾何学的な八角形ホールが個性を放つエクストリームジェイのNEWモデル“XJ06”

幾何学的な八角形ホールが個性を放つエクストリームジェイのNEWモデル“XJ06”の画像

オフ系ブランドが放つ
メカニカルメッシュ

XTREME-J/XJ06

エクストリームジェイ/エックスジェイゼロロク

オフ系専門ブランドとして支持を受けるエクストリームJが2019年モデルとして送り出したのは、これまでのどのモデルよりも華やかで、個性が全面に押し出されたという印象。土の薫りはもちろんのこと、例えばUSトラックやピックアップ系をリスペクトした、本場のラグジュアリー系を狙うにも適役な1本と言えそうだ。
最新作、XJ06の見せ場は、定番の丸でも四角でもない、独特なオクタゴン形状の開口部。このオクタゴンを囲うように三角のエアスクープが配されるのも幾何学的で、開口のエッジ部がミーリング処理されているのも華やかだ。それと連動する、ギアのような形状のリム外周にも、ピアス風ミーリングを採用。星形センターも独創

記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)